名古屋のフレンチの名店から旬のフルーツサンドが登場

2018年9月6日 17:15更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

美食家に話題のフランス料理店「メゾン ルパン ミュラ」(名古屋市中村区)から旬のフルーツを使用した「フルーツサンド」が発売中だ。

「マンゴー」(475円)、「メロン」(475円)、「白桃」(410円)、「ミックスフルーツ」(388円)、「黒イチジク」(410円)


「メゾン ルパン ミュラ」は、老舗オーベルジュや2つ星レストランで修業を積んだ松村健一氏が2010年に八事オープンした名店「ルパン ミュラ」が前身の店。

そんな名店のシェフが手がけるフルーツサンドのコンセプトは、“四季をフルーツで表現する”。全国各地から取り寄せた旬のフルーツを使用し、生クリームはフルーツそのものの味を引き立たせる為、それぞれのフルーツの糖度に合わせて味を調整しているという計算しつくされたフルーツサンドに仕上がっている。

【写真を見る】旬のフルーツを使用したフルーツサンドが話題!「シャインマスカット晴王」(540円)


「マンゴー」(475円)


秋になると、旬の洋梨やりんご、栗、サツマイモなどの販売を予定しているそう。大ぶりでジュ―シーなフルーツを生かしたこだわりのフルーツサンドを実食あれ!

吉川明里

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る