主演ドラマ「はんなりギロリの頼子さん」DVD&Blu-ray発売!横山由依さん(AKB48)にインタビュー

2018年9月5日 10:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス/週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃一

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

このドラマで京都の知らない部分を知った

「演じた役・頼子さんは事情があって京都弁を話さない役だったので、そこが難しかったですね」

全ての画像を見る(3件)

 アイドルグループ・AKB48のメンバーであり、AKB48グループの総監督を務めている横山由依さん。今年4月から5月にかけて放送された連続ドラマ初主演作品「はんなりギロリの頼子さん」がDVD&Blu-rayとして8/29に発売された。

「初主演ドラマが、私の地元・京都が舞台の作品ということですごくうれしかったです。私自身は普段から京都弁を使っていますが、演じた役・頼子さんは事情があって京都弁を話さない役だったので、そこが難しかったですね。撮影は今年2月と3月にそれぞれ1週間ずつ、結構タイトなスケジュールでしたが、京都という場所は癒されますし、時間がゆっくりと流れているような気がするので、リラックスして楽しく撮影に臨むことができました」

 京都生まれということも含めて、横山さん自身と演じた「新堂頼子」は共通点が多いと感じたそう。

「頼子さんは、本当は優しいけれど、目つきの鋭さで勘違いをされてしまう女性です。私も結構目つきが鋭いので、後輩から『最初、ちょっと怖い人だと思っていました』と言われることがよくあります。そういう部分に親近感が湧きましたし、演じやすいと思いましたね」

【写真を見る】「すべて実在する場所や建物で撮影しているので、ロケ地巡りをして楽しんでもらうこともできます」

 すべて京都で撮影されており、このドラマを通して京都のことを深く知ることもできる。

「私も京都に住んでいましたけど、知られざる京都というか、京都の知らない部分をたくさん知ることができました。それと、すべて実在する場所や建物で撮影しているので、ロケ地巡りをして楽しんでもらうこともできます。新しいものと古いものが共存しているのも京都のよさかなって思います。近代的な京都駅の建物から京都タワーが全部見える場所にデートで行く場面がありますが、そこは私も知らなかったので、ぜひ行ってもらいたいなと思います」

DVD& Blu-ray「はんなりギロリの頼子さん」発売中©あさのゆきこ/NSP・2018「はんなりギロリの頼子さん」製作委員会

DVD&Blu-ray「はんなりギロリの頼子さん」発売中 ソニー・ミュージックマーケティング ¥8,532

東京から京都に転勤してきたばかりの雑誌編集者・山田優一(中尾暢樹)はタウン誌を担当することになった。ある日、道に迷っているフランス人夫婦を道案内しようとするが、さらに迷わせてしまう羽目に。近くにあったタバコ店の店主・新堂頼子(横山由依)に助けを求めると、頼子はギロリとにらみつけるように山田を見たが、流暢なフランス語で見事案内してくれた。オール京都ロケで臨んだ、横山由依の連続ドラマ初主演作。本放送とは違うディレクターズカットがDVD&Blu-rayには収録されている。

STAFF&CAST 原作=あさのゆきこ 脚本=金子洋介 演出=山口博之 出演=横山由依(AKB48)、中尾暢樹、岡田篤哉、土村芳 ほか

撮影=石塚雅人/取材・文=田中隆信/ヘアメイク=天野優紀/スタイリスト=金山礼子/編集協力=千葉由知(ribelo visualworks)/衣装協力=<ポーズ1… ブルー> Roomy's(ニット、スカート)、GOLDY(イヤリング、リングセット)、DIANA 銀座本店(ショートブーツ) 、<ポーズ2… グレー> SLEEPY SLEEPY 渋谷ヒカリエ(ニット、ショートパンツ)

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る