美しすぎるヴィランズの手下、2018年もTDSに登場!昨年からの変更点は?

2018年9月11日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京ディズニーリゾートで9月11日、秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」がスタートした。東京ディズニーシーでは10月31日(水)までの期間中、今年も“クールで妖しいハロウィーン”が展開され、ヴィランズ(ディズニーアニメーションに登場する悪役の総称)が大活躍!

「ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー」はウォーターフロントパークにて実施(C)Disney


ハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」をはじめ見どころ満載だが、今回紹介するのは、ヴィランズの手下によるアトモスフィア・エンターテイメント(公演時間を公開せずに行われる突発的なショー)「ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー」だ。2015年にスタートして以来、美しいルックスと豊かな個性を合わせ持つヴィランズの手下たちが、多くのゲストを虜にしている。

『白雪姫』のウィックド・クイーンを主人に持つ、アップルポイズン。手に持つリンゴが妖しく光る(C)Disney


ヴィランズの力で魅力的な人間の姿に変えられた手下たちは、全部で10人。昨年は1公演に2人が出演していたが、今年は6人に増え、賑やかな雰囲気に。出演する手下はランダムなため、10人いるうちの誰に会えるかは、ショーが開始してみてのお楽しみ。6人の手下に加え、司会者のミスター・V、助手のミス・スキャターが登場する。

【写真を見る】鏡を手放さないナルシスト!色気があふれ出るマルフィ。主人は『眠れる森の美女』のマレフィセント(C)Disney


また、昨年は「ファッションチェック」と「リクルーティング」、2種類の内容が公演されていたが、今年実施されるのは「リクルーティング」のみ。手下たちがゲストにヴィランズの素晴らしさをアピールし、仲間になってくれるゲストを探す“リクルーティング活動”が繰り広げられる。

なお、指名されてショーエリアに出るゲストも今年は人数が増え、2人から4人に変更。公演場所は昨年と同じ、ウォーターフロントパークだ。

美しく凛々しいルックスで、乙女心をくすぐるホック。『ピーター・パン』のキャプテン・フックが主人(C)Disney


メディア向けのプレビューで一足早く、美しい姿を披露してくれたのは、アップルポイズン、マルフィ、ミスター・ダルメシア、ホック、プリティ・スカー、ファージャ。彼らがポーズを決める度に黄色い歓声が飛び、ゲストエリアは大盛り上がり。手下同士の絶妙な掛け合いや、ユーモアあふれるトークも健在だ。

今年も息ぴったりのミスター・Vとミス・スキャター(C)Disney


なお、昨年“ヴィランズの手下の一歩手前”に昇格したミス・スキャターだが、今年はさらにランクアップしたのだとか。去り際にこっそり、免許皆伝の証を見せてくるので、最後までお見逃しなく!

水梨かおる

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

ページ上部へ戻る