すっぱ辛いがクセに!蘭州ラーメンがブームの兆し

2018年9月12日 16:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

中国で屋台料理として広まった蘭州ラーメン。手延べ麺にラー油やパクチーをのせて食べる本場の味を紹介!<※情報は関西ウォーカー(2018年9月11日発売号)より>

「周記 蘭州牛肉麺 難波本店」澄んだ淡麗スープに門外不出のラー油でキレを

本場中国の蘭州で修業を積み重ね、「日本で魅力を広めたい」と決意しオープン。牛肉と牛骨を5時間以上煮込んだコクのあるスープは20種以上のスパイスが入り、エスニックな仕上がり。サイドメニューが豊富で夜も使える。

蘭州牛肉麺(850円)。牛骨の清湯スープは牛の旨味が効いた軽いボディ/周記 蘭州牛肉麺 難波本店

蘭州牛肉麺(850円)。牛骨の清湯スープは牛の旨味が効いた軽いボディ/周記 蘭州牛肉麺 難波本店

すべての画像を見る(2件)

■周記 蘭州牛肉麺 難波本店<住所:大阪市浪速区難波中3-16-12 電話:050-3591-1888 時間:11:00~15:00(LO14:30)、17:00~22:00(LO21:30) 休み:なし 席数:42席(テーブルのみ) タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄御堂筋線大国町駅より徒歩3分>

一品居 蘭州牛肉麺

本場蘭州の職人が作る渾身の一杯にファン急増

森ノ宮の人気中華料理店「一品居」が蘭州ラーメン店をオープン。早くもファン急増の蘭州牛肉麺のほか、担々麺やゴマタレつけ麺などラインナップは計10種。蘭州で20年修業した店主による手打ち麺の実演は迫力満点だ。

【写真を見る】らんしゅう牛肉麺(880円)。牛骨スープには中国から仕入れた山椒や生姜、シナモンなど20種以上の香辛料を使用/一品居 蘭州牛肉麺

【写真を見る】らんしゅう牛肉麺(880円)。牛骨スープには中国から仕入れた山椒や生姜、シナモンなど20種以上の香辛料を使用/一品居 蘭州牛肉麺

■一品居 蘭州牛肉麺<住所:大阪市東成区中道1-8-13 電話:06-6974-2476 時間:11:30~14:00(LO)、17:00~21:00(LO) 休み:日曜 席数:10席(カウンターのみ) タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:JR森ノ宮駅より徒歩5分>

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る