黒木麗奈「たくさんの声援と歓声をいただいて、ランウェイを歩くのがすごく楽しかったです」

2018年9月21日 19:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
「Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER」に出演した黒木麗奈さん


「2018三愛水着楽園イメージガール」を務め、“菜々緒2世”の呼び名も高い黒木麗奈さんが、9月16日に千葉・幕張メッセで開催された日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER」に出演。「schoffel」のショーに登場した黒木さんに、ステージ直後のバックヤードで衣装のポイントなどを聞かせてもらった。

【写真を見る】黒木麗奈さん


―今回で3回目の出演になります。

「これまでも楽しかったという記憶しかないんですが、今回もたくさんの声援と歓声をいただいて、ランウェイを歩いているのがすごく楽しかったです。客席の方を見たら、みなさんも笑顔だったので、それもすごくうれしかったですね」

黒木麗奈さん


―緊張せずに周りの様子もしっかりと見られていたんですね。

「はい(笑)。緊張よりも楽しいという気持ちの方が大きいので、朝早く会場入りして、リハーサルをやらせていただいて、メイクをして、衣装を着替えて、というふうに準備ができていくにつれて楽しい気持ちも大きくなっていきました。お客さんの様子もよく見えていました。でも、私が出演したショーのコンセプトとして、かっこよさというのがありましたので、ランウェイではちょっとかっこよさを意識して歩きました。ですから、フィナーレではうれしい気持ちを表情に出して、笑顔でランウェイを歩こうと思っています(笑)」

黒木麗奈さん


―今着ている衣装のポイントは?

「パーカとスニーカーにコートを重ねるという、誰でも着こなせるファッションです。コートを着なくてもシンプルでカジュアルな感じで可愛いんですけど、コートを着ることでかっこよくなります。そこがポイントですね。コートの生地は厚過ぎないので、これからすぐにでも着られると思います」

黒木麗奈さん


―バッグもオシャレですね。

「今、斜めがけが流行っています。私も最近こういうタイプのバッグを買って使っていますが、すごく便利なのでオススメです」

黒木麗奈さん


黒木麗奈さん


―このメイクに関しては、どういうこだわりがありますか?

「口紅がポイントですね。メイク全般もそうですが、口紅が真っ赤じゃなくボルドーっぽい赤なので、大人っぽく感じてもらえてるのかなって思います」

黒木麗奈さん


―では最後に、黒木さんが注目しているこの秋冬のファッションを教えてください。

「いつもは体にフィットした服など、ガチガチめのファッションが多くて、パーカのような少しゆったりしたカジュアルな服はあまり着ていないのですが、これを着てみて、ほしくなりました。動きやすいですし、可愛くていいなって。そういうふうに、新しい物にもチャレンジするのもいいですよね」

黒木麗奈さん


撮影=石塚雅人 取材・文=田中隆信

ウォーカープラス/週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃一

この記事の画像一覧(全9枚)

キーワード

ページ上部へ戻る