秋の柿をはじめ、年間通して果実が実る!福岡・うきは「やまんどん」

2018年11月7日 10:00更新

九州ウォーカー J.9

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

フルーツ王国・うきはで、秋は11月末までの柿狩り体験へGO!

うきは市・浮羽町にある人気観光農園「うきは果樹の村 やまんどん」。冬〜春にかけてイチゴ、夏のブドウ、秋のナシなど年間を通してフルーツ狩りが楽しめ、11月中は秋の味覚・柿が豊作だ。

観光農園としては25年以上。通年行うフルーツ狩り、カフェなど利用者を飽きさせない工夫で、長年人気を集める

観光農園としては25年以上。通年行うフルーツ狩り、カフェなど利用者を飽きさせない工夫で、長年人気を集める

「うきは果樹の村 やまんどん」。甘みの強い「富有」が実る

「うきは果樹の村 やまんどん」。甘みの強い「富有」が実る

すべての画像を見る(10件)

農園として100年以上の歴史を誇り、現在は代表・末次研治さんが中心となり、伝統の果樹栽培を守り抜く。耳納連山に抱かれたうきは市では寒暖の差が大きく、旬の柿も甘さが際立ち、栄養素を含んだ肥沃な土地での有機栽培ですくすくと実る。湧水を使うのもこだわりだ。湧水は敷地内に湧き、容器を持参すれば汲むこともできる(平日のみ、維持管理費100円)。

約1000万平方メートルの畑に30本ほどの柿の木を植樹。時間無制限で楽しめる

約1000万平方メートルの畑に30本ほどの柿の木を植樹。時間無制限で楽しめる

敷地内に湧水の汲み場がある。車1台につき、容器10個まで

敷地内に湧水の汲み場がある。車1台につき、容器10個まで

柿の品種は「富有(ふゆう)」。体験前には試食もでき、シャキッと程よい食感とみずみずしさが十分に堪能できる。柿の木は約30本だが、その分1玉1玉に栄養が行き渡り、実は甘さが強く大ぶりに。持ち帰りは1kg/550円から。

程よく柔らかく、シャキッとした食感がグッド

程よく柔らかく、シャキッとした食感がグッド

まだ間に合う!11月中旬までのナシ狩りも要チェック

【写真を見る】500g超えの「愛宕梨」の収穫体験は、11月中旬まで。直売所での販売も行う

【写真を見る】500g超えの「愛宕梨」の収穫体験は、11月中旬まで。直売所での販売も行う

11月中旬まではナシ狩り体験も行っている。例年5、6種類が実るが、この時期に収穫できるのは「愛宕梨(あたごなし)」。1玉500g以上もある超特大サイズで、贈答用としても人気だ。しっとりとした舌触りで、滲み出る果汁が甘〜い。1kg/650円で持ち帰りもできる。

カフェ「夢語寄家」。高台に建ち、うきはの街並みや雄大な山々を見渡すなど景色良好。開放感抜群のテラスが人気だ

カフェ「夢語寄家」。高台に建ち、うきはの街並みや雄大な山々を見渡すなど景色良好。開放感抜群のテラスが人気だ

同園自慢の果実を使ったケーキは常時50種類以上そろう。1個370円〜

同園自慢の果実を使ったケーキは常時50種類以上そろう。1個370円〜

園を見下ろす高台にはカフェ「夢語寄家(むごよか)」がある。常時50種類以上のケーキ(1個370円〜)や湧水コーヒー、自家製ジャムなどを販売。秋のオススメは「栗のモンブラン」やイチジク、キウイ、柿など旬の果物を日替りで盛り込んだ「季節のシフォンケーキ」など。体験後に、スイーツ&コーヒーでまったり過ごすのもいい。

[味覚狩りDATA] 開園期間:11月上旬〜下旬 / 体験時間:10:00〜17:00(最終入園16:30) / 休み:水曜休み※体験は不定休 / 料金:入園料 大人(中学生以上)300円、4歳〜小学生200円 / 持ち帰り:柿1kg/550円〜 / 予約:予約不要※来園前の電話確認がオススメ

[うきは果樹の村 やまんどん] 福岡県うきは市浮羽町山北2212-7 / 0943-77-4174 / 駐車場 約30台(無料) / 車=大分自動車道杷木ICより約20分

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る