平野紫耀、関西弁披露でファン歓喜! 映画『ういらぶ。』大阪舞台挨拶

2018年11月12日 12:19更新

関西ウォーカー 町草告美

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

平野紫耀(King & Prince)のCDデビュー後初主演作となる映画『ういらぶ。』が11月9日(金)より公開中。11月10日(土)に大阪のTOHOシネマズ梅田で舞台挨拶が行われ、主演の平野紫耀、桜井日奈子、監督の佐藤祐市が登壇した。

(左から)佐藤祐市監督、平野紫耀(King & Prince)、桜井日奈子 が登壇

(左から)佐藤祐市監督、平野紫耀(King & Prince)、桜井日奈子 が登壇

すべての画像を見る(4件)

星森ゆきも氏のコミックスが原作の『ういらぶ。』は、好意を隠してドSのふりをするこじらせ男子の和泉凛と、凛のせいで完全ネガティブ思考になってしまったピュアすぎるヒロイン春名優羽ら素直になれない幼なじみたちを中心に、初々しい恋と友情を描いた作品。

作品の上映終了後に黄色い歓声を浴びながら登壇した3人は、客席を眺めて目を輝かせた。平野は「やっぱ大阪は熱いなと思いますね。熱気がすごいというか、目がぎゃんぎゃんです。太陽みたいな街だなって思いますね」と表現。岡山県出身の桜井は「学生時代のころからよく遊びに来ていました。皆さん一人一人のハートが熱く感じました」と笑顔を見せた。

映画の中では「こじらせてるな」というフレーズが何度も出てくるが、平野自身がこじらせていると思うところについて尋ねられると、「正直なとこそんなにないんですよ。自分で言うのも何ですけど、素直なんで。あまりないんですけど、メンタル的には」と回答。監督がすかさず「周りの人をこじらせるよね、発言が」とつっこんで笑わせた。自分では気づいていないという平野だが、「しいて言うなら腰痛ですね。腰痛を半年ぐらい前からこじらせております」と答えた。それを受けたように桜井も「私は、中学のころから肩こりがひどくて…」と笑わせた。

大阪に来たことを喜ぶ3人

大阪に来たことを喜ぶ3人

つづいて劇中の台詞を関西弁で言うように求められた平野は「お前ってマジ、ゴミな」という台詞を、「自分ってほんまにゴミやな」と完璧なイントネーションで披露。しかし監督から「もうちょっと本当にダメだなっていう頭きてる感じで言ってくれる?」との指導が。平野は「は~。お前ってほんまにゴミやな」と再トライ。客席から歓声が上がり、監督も「いいね、オ~ケ~!」と絶賛した。一方、桜井は「本当に私ってダメダメです。凛くんといると心臓がどきどきして」と長めのリクエストに、「急に長い」と言いながらも、「ほんまにうちってあかんねん。凛くんとおると心臓がドキドキしてしもて」と披露し、その可愛さに会場からも拍手が。

作品の胸キュンポイントを聞かれた平野は「僕的にシャツはだけている状態で優羽をベッドにちょこんと座らせて倒すところ。役としてやってるんですけど僕自身も恥ずかしかったですね。だって…だって…はだけてますからね」と思わず照れ笑い。桜井は、「おかゆをまずいと言いながらも完食してくれる凛くんにキュンとしましたね。あれを観ている皆さんはきっとおかゆ作って看病してあげたいって思ったはずです」と振り返った。

佐藤監督は「僕はもう56ですから。でも、今日は大阪にお二人しか来れなかったけど、他にも磯村くんとか健太郎くんとか、玉ティナとか桜田ひよりちゃんとか、みんなこれからの若い子たちが一生懸命やってくれたハタチの時間を一緒に過ごせたのはすごく楽しかったし、逆にエネルギーをいっぱいもらいましたね」と感慨深げ。

監督は、この日の朝に行われた東京での舞台挨拶のときから主題歌の中の“ベ、ベ、ベイベー(Ba-Ba-Baby)”というフレーズがお気に入りらしく、最後の挨拶でも「本当に注意してください。洗脳されちゃってるんで、電車乗るときに“ベ、ベ、ベイベー”って言っちゃってる自分がいることがあると思います。別に宣伝してほしいと言ってるわけじゃなくて、この洗脳に注意していただいて」と述べた。これには主題歌を歌う平野も思わず「それ曲の宣伝じゃないですか!映画の宣伝しましょうよ!」とつっこむ一幕も。桜井は「私はすでに監督に“ベ、ベ、ベイベー”と洗脳されていて、さっきも移動中離れなかったんですよ。でもそれくらい皆さんの頭の中にこの作品が残ればいいなと思っています」とコメントした。

ファンの声援に応える『ういらぶ。』主演の平野紫耀

ファンの声援に応える『ういらぶ。』主演の平野紫耀

最後に、平野は「本当にいろんな素敵なキャストさんやスタッフさんや監督にご指導いただきながら作品を作ることができて、僕自身も勉強になりましたし、本当に素敵な映画が撮れたと思いますのでぜひ観ていただきたい!…というかもう皆さん観たと思うんですけど。ぜひまたよかったら何度でもキュンキュンしてもらえると嬉しいなと思います」と、最後まで笑わせながらメッセージを送った。

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館 配給:アスミック・エース

『ういらぶ。』シーンカット

『ういらぶ。』シーンカット(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る