定番品からオリジナリティあふれるものまで!こだわりのコッペパン専門店6選

2018年11月14日 18:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

コッペパンといっても、定番のたまごサンドやあんこだけでなく、様々な種類やこだわり溢れるコッペパンの専門店が続々登場!そんなコッペパン専門店のおすすめ店をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2018年11月6日発売号)より>

具材によってパン生地を使い分けて素材のおいしさを引き立てる「コバトパン工場 芝川ビル購買部」


天満橋にある人気コッペパン専門店コバトパン工場の2号店で、テイクアウトのみの取扱。あんホイップ小(120円)など芝川限定コッペパンや珈琲牛乳カステラ(1200円)など、ここでしか買えない限定品もあるので要チェック。

タマゴサラダ小(180円、左)、あん塩バター小(130円、中央)、お団子コッペ小(200円、右)/コバトパン工場 芝川ビル購買部


タマゴサラダ小(180円、左)は、タマゴサラダの塩けを黒糖パンのほんのりとした甘さが包み込む。あん塩バター小(130円、中央)、国産あんこの甘さとバターの塩味が絶妙にマッチ!お団子コッペ小(200円、右)は、きな粉をまぶした白玉団子を抹茶クリームやつぶあんと一緒にサンドした和風コッペパン。ソースや挟む具材などもできるだけ手作りにこだわっている。

【写真を見る】ソースや挟む具材などもできるだけ手作りにこだわっている/コバトパン工場 芝川ビル購買部


プレーン、黒糖、胚芽の3種の生地を、具材に合わせて使い分けたコッペパンは、常時20種以上並ぶ。限定商品も続々登場予定。

「ほとんどの種類に、大と小の2サイズを用意しています。いろいろな種類が食べられる小サイズを購入されるお客様が多いですね」と、代表の谷野恵子さん。

レトロがコンセプトで、どこか懐かしさを感じさせる店内/コバトパン工場 芝川ビル購買部


オフィス街にあるので、ランチタイムには多くの人でにぎわう。

■パンDATA/種類:20種以上 イートイン:不可 予約&取り置き:可 でき上がり目安:11時ごろが一番豊富

■コバトパン工場 芝川ビル購買部<住所:大阪市中央区伏見町3-3 芝川ビル1F 電話:06-6222-5810 時間:8:00~15:00 ※売切れ次第終了、土曜10:00~15:00 休み:水日祝 席数:なし 駐車場:なし アクセス:地下鉄淀屋橋駅より徒歩3分>

約30種類のコッペパンが食べられる「パンの田島 新京極店」


関東を中心に展開する、コッペパンと揚げパン専門店が関西初登場。毎日店頭で焼くコッペパンと自家製の具材を使い、“焼きたて、揚げたて、作りたて”にこだわっている。ドトールとコラボしたコーヒーもぜひ。

つぶあん・マーガリン(200円、手前)、ダブルホットドッグ(350円、右)、厚切りハムカツ(350円、奥)、田島ブレンド(250円、左)/パンの田島 新京極店


つぶあん・マーガリン(200円、手前)は、粒あんの甘さとマーガリンの塩けのバランスが抜群。田島ブレンド(250円、左)は、ドトールコーヒーがブレンドした特製コーヒー。

「ボリューム満点の具をたっぷりはさめるジャンボサイズのコッペパンは、すべて当日の焼き上げ。ふんわりもっちりして具の味を引き立てます」と、スタッフの福本 鈴さん。

■パンDATA/種類:約30種 イートイン:可 予約:不可 取り置き:可 でき上がり目安:随時

■パンの田島 新京極店<住所:京都市中京区新京極通三条下ル桜之町406-3 電話:075-708-2488 時間:8:00〜20:00(2FはLO19:30) 休み:不定休 席数:42席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:京阪三条駅より徒歩5分>

オリジナリティあふれるコッペパン「コビトパン」


チーズカレーあげこっぺ(280円)や信州そばを使用した日本そば焼き(390円、土日限定)など、オリジナルコッペパンが並び、遠方から買いに来る人も。こだわった無添加の素材を使用したパン生地は、毎日早朝に焼いているのだとか。

ミルフィーユハムカツ(390円)、はちみつ&クリームチーズ(くるみナッツ入り)(280円)/コビトパン


ミルフィーユハムカツ(390円、左)は、4枚重ねたロースハムは注文してから揚げてくれるのでアツアツ。購入したらすぐ食べるのがおすすめの、はちみつ&クリームチーズ(くるみナッツ入り)(280円、右)は女性人気No.1。

「揚げ物は注文をいただいてから揚げるなど、でき立てを大切にしています。また日替りの裏メニューがあり、前日のブログで告知していますのでチェックを」と、オーナーの林 香理さん。

■パンDATA/種類:30種以上 イートイン 予約&取り置き:可 でき上がり目安:随時

■コビトパン<住所:大阪府枚方市宮之阪4-13-9 電話:090-6379-1058 時間:9:00〜15:00 ※売切れ次第終了 休み:月曜、火祝は不定休 席数:なし 駐車場:なし アクセス:京阪宮之阪駅より徒歩10分>

定番メニューに加え、具材の組み合わせもOK!「ゆうきぱん アクトアモーレ店」


岩手県盛岡市で人気を集めるコッペパン専門店福田パン直伝の味。柔らかくボリュームのあるパンに多種類の具材、値段の安さが評判だ。季節限定クリームなどが登場することも。

あんマーガリン(170円、手前)、抹茶×黒豆きなこ(190円、右)、ナポリタンスパゲティー(270円、左)/ゆうきぱん アクトアモーレ店


あんマーガリン(170円、手前)は、甘さ控えめでなめらかな口溶けのこしあんとマーガリンが好バランス。ナポリタンスパゲティー(270円、左)は、素朴なトマトケチャップがほんのりと甘いパンにマッチ。

甘い系同士、おかず系同士なら、具材を2種組み合わせることも。スタッフにおすすめを相談しよう/ゆうきぱん アクトアモーレ店


「阪急高槻市駅近くにある1号店で毎日焼き上げる、自家製のコッペパンを使用しています。ほんのり甘くて柔らかく、どの具材とも相性抜群ですよ」と、スタッフの山口美樹さん。

カウンター越しに注文するスタイル/ゆうきぱん アクトアモーレ店


注文を受けてから作る。

■パンDATA/種類:約40種類 イートイン:不可 予約&取り置き:不可 でき上がり目安:10時からすべてのコッペパンを販売

■ゆうきぱん アクトアモーレ店<住所:大阪府高槻市芥川町1-2 アクトアモーレ1F 電話:072-668-2027(本店) 時間:10:00~ ※売切れ次第終了(最終20:00ごろ) 休み:不定休 席数:なし 駐車場:なし アクセス:JR高槻駅より徒歩1分>

6尾のエビがゴロゴロ入るエビカツコッペ「コッペパン専門店 こぺてりあ 都島店」


店内発酵で焼き上げるコッペは20cm超えのドデカサイズ。総菜系からスイーツ、月替りなどふわふわコッペを堪能しよう。コッペに合うよう考案した週替りスープ(259円)も人気。

極上えびカツ(453円、手前)、いちごのカスタードホイップ(313円、奥)/コッペパン専門店 こぺてりあ 都島店


極上えびカツ(453円、手前)は、すり身は使わず、エビ6尾のカツのプリプリ食感とふわふわパン、カレーソースが絶妙。2種のクリームとイチゴをはさんだいちごのカスタードホイップ(313円、奥)は、スイーツ系で一番人気。チョコソースもおいしい!

レジの横にはスイーツ用の具材が並ぶオープンカウンターがあり、その場ではさんでくれる/コッペパン専門店 こぺてりあ 都島店


ウッディな明るい店内/コッペパン専門店 こぺてりあ 都島店


月替りの限定コッペも毎月4種登場。

■パンDATA/種類:約70種類 イートイン:可 予約&取り置き:不可 でき上がり目安:開店からすべてのコッペパンを販売。パンは前日夜に焼き上げ、半日寝かせてから提供

■コッペパン専門店 こぺてりあ 都島店<住所:大阪市都島区善源寺町2-3-26 オリオンビル1F 電話:06-6924-5586 時間:10:00~20:00、土日祝8:00~20:00 休み:なし タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄都島駅より徒歩4分>

「niko and ... COFFEE 梅田HEP FIVE店」ファッションブランドが手がけるコッペパンも人気!


niko and ... COFFEE 梅田HEP FIVE店はアパレルをはじめ、雑貨や家具など暮らしにかかわるさまざまなアイテムを扱うファッションブランド「niko and ...」の店舗に併設されるカフェ。

甘辛いタレにつけたヒレカツと具だくさんのタルタルソースをサンドしたひれかつタルタル(432円、手前)、ブルーベリーレアチーズ(324円、奥)/niko and ... COFFEE 梅田HEP FIVE店


10月13日には“ニコパン”の愛称で親しまれるコッペパンサンドがリニューアル! オープン以来、人気を集めるあんマーガリン(302円)や梅田HEP FIVE店限定のチーズカレー(324円)に加え、ボリューム満点の総菜コッペやスイーツ系コッペなどが加わり、全13種類に。イートインはもちろん、テイクアウトもOKなうえ、パンが大きく“1個でおなかいっぱいになる”と、界隈の学生やオフィスワーカーの間で人気沸騰中。豆乳のコーンスープなど週替りのスープ(単品300円、セットの場合+200円)と共にぜひ。

「お客様の注文を受けてからパンを温め、具材をはさんで完成させます。できたての味は最高なのでぜひ」と、スタッフの 脇 知奈美さん。

テーブル席のほか、窓際にカウンター席もある/niko and ... COFFEE 梅田HEP FIVE店


天井が高く開放的な雰囲気。

■niko and ... COFFEE 梅田HEP FIVE店<住所:大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE1F 電話:06-6366-3870 時間:11:00~21:00(LOフード20:00、ドリンク20:30) 休み:不定休 席数:24席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:阪急梅田駅より徒歩3分>

関西ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全13枚)

キーワード

ページ上部へ戻る