洋館カフェに境内のショップ、カメラに収めたいノスタルジックな京都を同志社女子大生が提案!

2018年11月14日 12:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

さまざまな表情で私たちを楽しませてくれる京都。ここで過ごすひと時を、フィルムカメラに収めてみてはいかが?レトロなたたずまいだからこそアナログ感覚で収めたくなる。そんなスポットを今回は、同志社女子大学の河合茜音さんがご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2018年11月6日発売号)より>

大正ロマンあふれる洋館カフェ「夢二カフェ 五龍閣」

国の登録有形文化財に指定されている大正時代の洋館、五龍閣内のカフェ。迎賓館として利用された建物内には、大正時代を代表する画家・竹久夢二の作品が飾られ、京野菜を使った料理を味わいながらゆったりと過ごせる。

ステンドグラスや暖炉を配した贅沢な空間/夢二カフェ 五龍閣

すべての画像を見る(9件)

設計は京都帝国大学建築科の創設者・武田五一。

京野菜カレー(1340円)/夢二カフェ 五龍閣

隣接の「おかべ家」の豆腐を使ったサラダ付き。

清水寺門前であることから、鴟尾(しび)をのせた瓦屋根など和の要素を融合/夢二カフェ 五龍閣

PHOTO POINT/夢二カフェ 五龍閣

木のぬくもりを感じられるレトロな店内と、フィルムカメラの日付のフォントとの相性がいいですね。(河合茜音)

■夢二カフェ 五龍閣<住所:京都市東山区清水2-239 電話:075-541-7111 時間:11:00~17:00(LO) 休み:不定休 座席:70席 タバコ:分煙 駐車場:なし アクセス:各線京都駅より市バス100・206系統で約15分、五条坂から徒歩10分>

本山佛光寺境内のショップ&カフェ「D&DEPARTMENT KYOTO」

“ロングライフデザイン”をテーマにショップやカフェを展開するD&DEPARTMENTの京都店。佛光寺境内に、京都の工芸品や生活道具などが並ぶショップと、京都産の食材を使った定食などが味わえるカフェがある。

【写真をみる】僧侶が住まう和号所として使われた築90年の建物を利用したショップ/D&DEPARTMENT KYOTO

今年からレンタサイクル(1日1800円)もスタート。

ランチも注目!月替りの京都定食(1400円)/D&DEPARTMENT KYOTO

京都各地の食材を厳選。

ショップ内には、長く使い続けられる生活用品や衣料がズラリ/D&DEPARTMENT KYOTO

畳敷きのカフェは居心地◎/D&DEPARTMENT KYOTO

PHOTO POINT/D&DEPARTMENT KYOTO

窓に映り込む看板と佛光寺、フィルムでしか表現できない光、マツの木のきめこまやかさが美しい。(河合茜音)

■D&DEPARTMENT KYOTO<住所:京都市下京区高倉通仏光寺下ル新開町397 本山佛光寺境内 電話:075-343-3217(ショップ)、075-343-3215(カフェ) 時間:ショップ10:00~18:00、カフェ10:30~18:00(LO17:00) 休み:水曜 座席:32席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄四条駅より徒歩8分>

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る