イチョウ並木を旧車100台がパレード!「トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」レポート

2018年11月19日 17:10更新

東京ウォーカー(全国版) 栗原祥光

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11月17日(土)、明治神宮外苑にて「2018トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」が行われ、好天の中100台以上の希少な自動車が集まった。

神宮外苑に珍しいクラシックカーが大集合!

神宮外苑に珍しいクラシックカーが大集合!
2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑

すべての画像を見る(22件)

このイベントは毎年秋に行われているもので、今回の企画展示テーマは「Japanese Vintage Year 1989」。今年が平成最後の年ということもあり、メーカーの垣根を超えて、平成元年に日本の自動車メーカーから発表された5台の車両が展示された。

平成元年に誕生した日本車が大集合!

平成元年に誕生した日本車が大集合!2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑

また集まったオーナー達によるクラシックカーのパレードも開催。スタート地点である聖徳記念絵画館前の広場を出発した車両は、青山通りを抜けて、銀座方面へ。その後、日比谷や国会前、三宅坂を通過し戻ってくる、都内約11kmのコースを思い思いに楽しんだ。

イチョウ並木を走るクラシックカー

イチョウ並木を走るクラシックカー2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑

イチョウ並木を走るトヨタS800

イチョウ並木を走るトヨタS8002018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑

会場では、オーナー達との交流のほか、今年で30週年を迎えたトヨタ博物館のミュージアムショップが出店したほか、子供向けの工作教室なども行われ盛況。

トヨタ博物館で販売しているグッズの一部が出張販売していた

トヨタ博物館で販売しているグッズの一部が出張販売していた2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑

反射材を使ったキッズ向けアクセサリー制作コーナーもあった

反射材を使ったキッズ向けアクセサリー制作コーナーもあった2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑

会場には珍しい車両を写真に納める自動車ファンはもちろんのこと、家族連れの姿が目立った。

今回参加した車両で最も古いモデルは1913年の英国製三輪車。それから100年を超える自動車文化の深みと進化の歴史が見えたこのイベント。来年の開催が今から心待ちにしたい。

この記事の画像一覧(全22枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る