まさに冬の贅沢空間…!名古屋から行ける雪見温泉3選

2018年12月6日 8:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

もくもくと湯けむりが立ち昇る露天風呂に浸かりながら、奥山の雪景色を楽しむ。これって冬の最上級の贅沢。雪見温泉で1年の疲れを癒し、心和むひとときを過ごそう。

大自然に囲まれ、秘湯感もたっぷり

標高1250メートルの高地なので、3月末まで雪景色が見られる。4月中旬まで雪が降ることも!

全ての画像を見る(7件)

「ひらゆの森」(岐阜県高山市)は、宿泊もできる複合温泉リゾート。男女計16の露天風呂があり、多彩な湯と雪景色を楽しめる。すべて源泉かけ流しで、内湯や貸切風呂のほか、無料の足湯も。入浴後は、合掌造りの古民家を移築した湯上がり処で休憩しよう。

風呂ごとに湯の色や濁り方、温度が変わる。湯の花が浮かぶ濁り湯は秘湯情緒が満点だ

30人以上が入浴できる広々とした内湯。開放感のある吹き抜けの天井には太いはりが巡らせてあり、レトロな雰囲気だ。サウナも備える

【温泉Data】風呂数:全20(男湯8、女湯10、貸し切り2)/泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉 /アメニティ:タオル(販売200円)、バスタオル(販売500円)、ボディソープ、リンスインシャンプー(各無料)

リゾートホテルでスキーと雪見風呂を楽しもう

標高約1200メートルの郡上高原内に位置し、冬季の積雪は2mほど

スキー場やレジャー施設を併設したリゾートホテル「郡上 ヴァカンス村ホテル」(岐阜県郡上市)では、日帰り入浴ができる。「続ぎふ百山」にも認定された見当山の中腹に位置し、ここを起点にスノーハイクをする人も多い。真っ白い雪に囲まれた露天風呂で疲れを癒そう。

ホテルすぐ裏のゲレンデは、緩やかな斜面で初中級者やファミリーに最適。白山連峰の見事な景観にも圧倒される

【温泉Data】風呂数:全4(男湯、女湯各2)/ 泉質:人工温泉/アメニティ:フェイスタオル(入浴料に含む)、バスタオル(レンタル300円)、ボディソープ、シャンプー(各無料)

遠山郷の雪景色を眺めながら塩湯で温まる!

【写真を見る】晴れた日の露天風呂は、青空と白い雪とのコントラストが美しい

「道の駅 遠山郷」(長野県飯田市)に併設された日帰り温泉「遠山温泉郷 かぐらの湯」。山間部ながら塩分濃度が高い湯が特徴だ。アトピーなど皮膚炎の療養に適しているとされ、美肌効果も期待できる。飲泉場もあるので、塩けの濃い源泉も飲んでみよう!

内湯の大浴場。低めの温度設定だが、ゆっくりつかっていると塩の効果で、体がポカポカになる石湯も評判だ

【温泉Data】風呂数:全14(男湯6、女湯8)/泉質:含硫黄ーナトリウム・カルシウム塩化物泉/アメニティ:タオル(販売310円)、バスタオル(レンタル200円)、ボディソープ、シャンプー(各無料)

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る