グランプリ1位は有名店御用達の製麺所の試食コーナーから「松屋製麺所」

2019年1月5日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

レベルの高さを誇るラーメン激戦区・茨城。激戦を勝ち抜いて「ラーメンWalkerグランプリ2018」1位に輝いた、栄光の一杯はこの店!

茨城県産の小麦粉を使う喉越しのよい自家製麺に軍配「松屋製麺所」

大正時代のみやげ物店をリノベーションした、懐かしい雰囲気の建物

すべての画像を見る(5件)

筑波山麓にたたずむ製麺所の有料試食コーナーで味わえるラーメンが評判に。茨城の地粉「ユメシホウ」など、国産小麦粉100%の自家製麺は、艷やかでモチモチした食感の多加水麺。毎日2〜3種を提供するメニューのなかでも、「らーめん」は具がネギだけのシンプルな一杯。丸鶏と煮干しから丁寧に取ったクリアなスープで、自家製麺の味をしっかり堪能できる人気メニューだ。開店が早朝のため試食は早々に完売もあり。また、本業の製麺所の繁忙時は試食を休む場合もあるのでHPで確認を。

【写真を見る】麺の太さ・種類は日替り。写真は香りとコシが強い全粒粉入りの中麺。ちゃーしゅーめん800円

人気のちゃーしゅーめん(800円)は豚バラ肉と豚肩ロースのチャーシューが麺の上に6枚のった食べ応えのある一杯。チャーシューの部位や調理法、麺の太さ・種類は日替り。チャーシューは低温調理の柔らかな食感が◎

オーナーのこだわり麺は販売用も

こだわりの自家製麺は熟練の技で製麺機を使い麺を伸ばす。試食用のスープは、香りを出すため鶏ガラから先に煮て、あとで肉を加える。煮干しは砕き最後に投入。県内だけでなく都内の有名店にも卸す自家製麺は、毎日製造。販売用の麺5食750円〜は、試食終了後も買える(売り切れ次第終了)

製麺所の一角が試食席に。麺を打つ作業が見学できる場合も

「地粉『ユメシホウ』など国産小麦粉を用いた手打ち式の麺はプレス式製法で、なんと100層以上の"ミルフィーユ"状態。」(はんつ遠藤さん)、「筑波山麓の製麺所だが、店内の一角でラーメンの提供も行っている。朝から営業しているため、早い時間に品切れすることも』(山本剛志)と百麺人もイチオシ!

オーナー 川村能功さん。体に優しいラーメンがモットー

修業時代に製麺の魅力に取りつかれたオーナー川村能功さんが、15年に開業。自然豊かな環境で体に優しいラーメンを提供したいと筑波山麓をその場所に選んだ。「試食コーナーは研究室で遊び場」とオーナーは語り、「チーズ担々麺」など日替りの一杯も。らーめん(500円)や塩らーめん(600円)、つけ麺(800円)などもぜひ食べたいメニュー。16年にはつくば市内に「松屋食堂」を開いた。

■松屋製麺所 住所:つくば市沼田300 電話:029-896-5298 時間:7:00 ~なくなり次第終了 休み:水 席数:7席(カウンターのみ) タバコ:禁煙 駐車場:4台(無料)

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る