ラーメンよくばりドライブつくば~土浦編 「喜元門 研究学園店」「良温」「麺や 虎徹」

2019年1月26日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

宇宙の神秘を学べる2大施設が並ぶつくば市から、海かと見まがう湖・霞ヶ浦をたたえる土浦、行方へのドライブコース。このエリアは、ラーメン激戦地・茨城のなかでも名をとどろかすトップエリートがずらり。

茨城ラーメン界の旗手「喜元門(きげんもん)」の本店である研究学園店や、15年の本誌グランプリで新店1位に輝いた「良温」(らおん)、独自路線を走る気鋭の「麺や 虎徹(こてつ)」と、いずれ劣らぬ名店ばかり。宇宙と自然、そして県内屈指の名店の味のダイナミズムを堪能しよう!

全国でも有名な絶品ラーメンを食べ尽くそう♪

すべての画像を見る(11件)

動物系、魚介系を巧みに使い県を代表する味わいを生む「喜元門 研究学園店」

茨城ラーメン界を引っ張る名店。動物系と魚介系を真空鍋で炊いた濃厚スープの真空そばなど、進化を続ける味が自慢。チャーシューは炭火焼き、低温、バラ、ロースト、直火焼きの5種から選べる。

【写真を見る】麺の状態で茹でる時間を変えるなど、繊細さも大事にしている。あご出汁800円

あご出汁(800円)は五島列島の焼あごを大量に煮詰めたタレを、名古屋コーチンと、カタクチやウルメとのWスープにブレンド。香ばしく深みある味わい。

特製のエビ油の香りが際立つ海老風味(塩)740円

海老風味(塩 740円)はエビの香り濃厚なスープに低加水麺がマッチ。厳選した桜エビを使う特製のエビ油で香りを際立たせている。

■喜元門 研究学園店 住所:つくば市研究学園6-6 D12ビル101号 電話:029-854-7940 時間:11:00~14:00、17:30~21:00(各LO) 休み:なし※臨時休業あり 席数:18席(カウンター6、テーブル12) タバコ:禁煙 駐車場:10台(無料)

【寄り道:つくばエキスポセンター】

立ち寄りスポット「つくばエキスポセンター」

科学技術を見て・触れて・楽しめる科学館。体験展示のほか、世界最大級のプラネタリウムも見ものだ。

■つくばエキスポセンター 住所:つくば市吾妻2-9 電話:029-858-1100 時間:9:50〜17:00(最終入館16:30) 休み:月(祝の場合翌日)※臨時休館あり 駐車場:60台(無料、土日祝繁忙期は200円/1日) 入場料:大人410円※プラネタリウム+入館料は大人820円ほか

【寄り道:JAXA(ジャクサ)筑波宇宙センター】

ココへ寄り道!「JAXA筑波宇宙センター」

見学エリアでJAXAの歩みを学べる。国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の実物大モデルも展示。

■JAXA筑波宇宙センター 住所:つくば市千現2-1-1 電話:029-868-2023 時間:展示館9:30〜17:00、プラネットキューブ10:00~17:00 休み:不定 駐車場:50台(無料)

ラーメンを愛する店主のこだわりが光るコクと旨味が凝縮した一杯「良温」

元料理人の店主はトラック運転手をしながら全国でラーメンを食べ歩き、味を追求。大量の豚骨と鶏ガラから旨味を抽出したスープが決め手だ。麺はメニューによりストレートと手もみを使い分ける。

全国でラーメンを食べ歩き店主が追求した味、良温そば(醤油)750円

人気メニューは良温そば(醤油 750円)。ゲンコツと鶏ガラに、サバ節も加えたスープはコクと香り豊か。醤油ダレは、たまり醤油がポイント。

自家製ワンタンを使用!雲呑麺(塩)900円

無化調のスープは角がなく飲み干せる雲呑麺(塩 900円)もおすすめ。自家製ワンタンは、噛みしめると小籠包のようにじゅわっとスープが飛び出す。

■良温 住所:土浦市若松町3-5 電話:非公開 時間:11:00~14:30、17:30~21:00(各LO)※スープがなくなり次第終了 休み:水 席数:11席(カウンター7、テーブル4) タバコ:禁煙 駐車場:5台(無料)

【寄り道:霞浦(かほ)の湯】

ドライブの疲れを癒そう「霞浦の湯」

浴室の大きな窓から霞ヶ浦が一望。人工温泉の二股炭酸カルシウム泉で疲れを癒そう。畳の休憩所もあり。

■霞浦の湯 住所:土浦市大岩田255 電話:029-823-1631 時間:14:00~20:00(最終受付19:15) 休み:月(祝の場合翌日) 駐車場:6台(無料)料金:中学生以上410円ほか

【寄り道:霞ヶ浦】

周囲に観光施設が点在「霞ヶ浦」

国内で2番目に大きな湖。霞ヶ浦総合公園など、周囲に観光施設が点在。夏には観光帆引き船が人気を集める。

■霞ヶ浦 住所:土浦市、かすみがうら市、行方市など計8市町村に接する

地鶏の旨味が出た清湯は独自調理で一線を画す「麺や 虎徹」

素材の旨味を生かした独自のラーメンを提供する孤高の雄。地鶏2種をじっくり炊いた清湯(チンタン)スープが自慢の、虎徹そばが人気を博す。県産の豚肩ロースを窯でつるし焼きにしたチャーシューも逸品だ。

清湯スープが自慢の虎徹そば(塩)780円

虎徹そば(塩 780円)の清湯スープには名古屋コーチンとはかた地どりの鶏ガラを使用。タレは、乾物やムール貝で味に深みを出す。手もみ麺も選択可。

魚介の香りが漂う豊深煮干しそば780円

スープは、伊吹イリコ、九十九里産のセグロ、シロクチなどの煮干しをブレンドした豊深煮干しそば(780円)もおすすめ。魚介の香りに酔える一杯だ。

■麺や 虎徹 住所:行方市玉造甲661-6 電話:0299-35-6238 時間:11:00~14:30、17:30~21:00(各LO)※材料がなくなり次第終了 休み:月(祝の場合翌日) 席数:52席(カウンター12、テーブル26、座敷14) タバコ:禁煙 駐車場:50台(無料)

この記事の画像一覧(全11枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る