金運や美容にご利益も!ピンポイントな願いに効く京都の神社5選

2018年12月31日 10:12更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

いろいろなご利益が受けられる神社もうれしいけれど、ピンポイントなご利益のある神社なら、なお効果がありそう!金運や玉の輿、IT関連など特化した願いに効く神社を紹介。<※情報は関西ウォーカー(2018年12月14日発売号)より>

猪の神社で足腰の健康を祈願!護王(ごおう)神社


護王神社は、平安京の遷都などに貢献した和気清麻呂公を祀る。日本書紀に清麻呂公が300頭の猪に守護され、その後足のケガが完全に治癒したという故事にちなみ、足腰守護のご利益がある。

拝殿前に立つ雌雄一対の狛猪 「霊猪像」をはじめ境内のいたる所に猪が! 地元では猪神社の名で親しまれている/護王神社


まずは、足萎難儀回復の碑の近くにある足形の石の上に乗り、足腰の健康を祈願しよう。一対の座立亥串(くらたていぐし)に願いを書き、一つは願かけ猪前に置き、もう一つは家に持ち帰り祈る独自の信仰もある。

【写真を見る】手水舎には鼻をなでると幸せになれると言われる「幸運の霊猪」が鎮座。みんながなでるから、鼻の部分はピカピカに光っている/護王神社


足腰鈴御守 (1200円)/護王神社


足跡が描かれたストラップタイプのお守り。足腰の健康やケガ、病気の快復にご利益あり。

■年末年始の参拝時間<2018年12月31日(月)6:30~、2019年1月1日(祝)~21:00、2019年1月2日(水)6:00~21:00、2019年1月3日(木)6:00~21:00 ※授与所は2018年12月31日(月)9:00〜2019年1月1日(祝)17:00、2019年1月2日(水)以降は9:00〜17:00>

■護王神社<住所:京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385 電話:075-441-5458 時間:6:00〜21:00、受付、授与所9:00〜17:00 休み:なし 料金:境内無料 駐車場:15台(無料) アクセス:地下鉄丸太町駅より徒歩7分>

芸能人も訪れるパワースポット、車折(くるまざき)神社


芸能神社があり芸能、芸術などにご利益があると人気。境内にずらりと並んだ朱色の玉垣には、奉納した大勢の有名人の名前が記されている。好きな芸能人の名前を探すのも楽しい。

御祭神である清原頼業公を祀っている本殿。金運向上、商売繁盛 などのご利益がある。社務所で授与される祈念神石を持って参拝しよう /車折神社


悪運の浄化など、心身を浄化してくれる清めの社。円錐形の立砂の写真を待ち受け画面にすると運気アップ!

芸能神社の御祭神は天照大神が引きこもった岩戸の前で舞を踊った天宇受売命(’あめのうずめのみこと)/車折神社


祈念神石(700円)/車折神社


本殿参拝に必携。神主がおはらいをし、昔から願いをかなえると伝わるパワーストーン入り!

■年末年始の参拝時間<2018年12月31日(月)9:00~、2019年1月1日(祝)~20:00、2019年1月2日(水)9:00~19:00、2019年1月3日(木)9:00~19:00>

■車折神社<住所:京都市右京区嵯峨朝日町23 電話:075-861-0039 時間:9:00〜17:00 休み:なし 料金:境内無料 駐車場:20台(無料) アクセス:嵐電車折神社駅よりすぐ>

美麗神のご利益で女子力アップ!河合神社


世界遺産・下鴨神社の摂社の一つで、御祭神は神武天皇の御母神になる玉依姫命。女性守護 日本第一美麗神(たまよりひめのみこと)とうたわれ、美容に関する女性にうれしいご利益が賜われると評判も高い。

御祭神の玉依姫命は女性が美しくなりたいという美容に関しての願望や、安産、育児、縁結びなどの願い事をかなえてくれる神様/河合神社


あらかじめ顔が描かれた「鏡絵馬」を自分の顔に見立て、美しくなれるようにと願いを込めて化粧して奉納/河合神社


美麗 祈願守(800円)/河合神社


女性らしくレースがあしらわれた、巾着型の小さなお守り。色はピンクと薄緑の2色がある。

■年末年始の参拝時間<2018年12月31日(月)6:30~18:00、2019年1月1日(祝)0:00~18:00、2019年1月2日(水)6:30~18:00、2019年1月3日(木)6:30~18:00 ※授与所は2019年1月2日(水)、2019年1月3日(木)の9:00〜17:00>

■河合神社<住所:京都市左京区下鴨泉川町59 電話:075-781-0010(下鴨神社) 時間:6:30〜17:00 休み:なし 料金:境内無料 駐車場:下鴨神社駐車場120台(200円/30分) ※初詣期間は300台(最初の60分500円) アクセス:京阪出町柳駅より徒歩10分>

疫病鎮めの古社、今宮神社で良縁祈願


平安時代の中ごろ、厄災や疫病を鎮めるために創建。“玉の輿”の語義となった徳川綱吉公の生母、桂昌院ゆかりの地としても知られ、良縁を求める参拝者も数多く参拝に訪れている。

三間社切妻造の本殿。国登録文化財にも登録されている流麗なデザインだ。疫病を鎮めるため、西側に疫神が鎮座する/今宮神社


病気が回復すると伝わる、心願成就を占う神古石。阿呆賢(あほかし)さんとも言われている/今宮神社


玉の輿 お守(各800円)/今宮神社


京野菜の柄が織り込まれた良縁・開運祈願のお守り。彩り豊かに奉製。

■年末年始の参拝時間<2018年12月31日(月)9:00~、2019年1月1日(祝)~19:00、2019年1月2日(水)8:00~18:00、2019年1月3日(木)8:00~18:00>

■今宮神社<住所:京都市北区紫野今宮町21 電話:075-491-0082 時間:9:00〜17:00 休み:なし 料金:境内無料 駐車場:44台(最初の60分100円、以降100円/60分) ※2018年12月31日(月)~2019年1月6日(日)は500円/60分 アクセス:JR 京都駅より市バス206系統約30分、船岡山から徒歩5分>

金色の鳥居に金運上昇の期待大!御金(みかね)神社


伊邪那岐(いざなぎ)、伊邪那美(いざなみ)の皇子、金山毘古神(かなやまひこのかみ)が御祭神。鉱山や鉱物の神として、通貨に用いる金、銀、銅にご利益があることから金運を求める人が参拝に訪れている。お守りなど金色の授与品も豊富。

ビルやマンションが立ち並ぶ街なかにあるので、通りがかりの参拝者も多い。金色に輝く鳥居が立ち、見るからに金運がアップしそうな雰囲気/御金神社


手水舎の水をかけてお金を洗うと金運アップ。これは10年ほど前に民間から自然発生的に生まれた開運法/御金神社


福財布(1000円)/御金神社


鮮やかな黄金色の財布の形をした金運アップのお守り。通帳や宝くじなどの保管に使おう。

■年末年始の参拝時間<2018年12月31日(月)10:00~18:00、23:00~、2019年1月1日(祝)~2:00、9:00~18:00、2019年1月2日(水)9:00~18:00、2019年1月3日(木)9:00~18:00>

■御金神社<住所:京都市中京区西洞院町614 電話:075-222-2062 時間:境内自由 休み:なし 料金:境内無料 駐車場:なし アクセス:地下鉄烏丸御池駅より徒歩5分>

関西ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全15枚)

キーワード

ページ上部へ戻る