個性豊かな年賀状に出会う・宮城県仙台市で「第17回新春ロビー展 100万人の年賀状展」開催

2018年12月26日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

宮城県仙台市の仙台文学館で、20191月10日(木)から2月11日(月)まで「第17回新春ロビー展 100万人の年賀状展」が開催される。

はがきの縦・横デザインなど、スタイルは自由。1人1枚まで送ることができる写真は主催者提供


2019年で17回目となる新春ロビー展「100万人の年賀状展」。展示に先立ち、年賀状を募集し、多くの人たちから寄せられた、個性溢れる年賀状の数々を1階エントランスロビーに展示する。

年賀状募集期間は、2019年1月5日(土)必着分まで。おすすめの一冊や好きな作家、自作の短歌などを書いた「自由部門」に加え、「テーマ部門」として、今回は2018年度特別展「ガラスの仮面展」にちなみ、心に残る「漫画・アニメ」をテーマに書いた年賀状を募集している。

【写真を見る】応募するだけでなく、見に行っても楽しめる仙台文学館の展示会写真は主催者提供


担当者は「カラフルなイラストが描かれた元気いっぱいの年賀状をお楽しみください!むすび丸など、ゆるキャラからの年賀状も展示していますよ!」とにこやかに話す。

自分の作品を応募するだけでなく、数々の応募作品は実際に仙台文学館で見ることができる。応募だけでなく、実際に仙台文学館に見にいってみよう。

ウォーカープラス編集部

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

ページ上部へ戻る