みつけだせ!僕らの最高のマネージャー!!「福岡教育大学準硬式野球部」

2019年1月10日 17:00更新

九州ウォーカー 山本真己

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

選手を支えるキラリと光る“最高のマネージャー”を発掘する連載。今回は「福岡教育大学準硬式野球部」です。準硬式野球部のマネージャーは現在4人。3年生の美若誉那美 (みわか・ほなみ)さんを中心に、練習の準備が進められていきます。

定期的に『マネ会』を開く、仲の良いマネージャーの皆さん

全ての画像を見る(16件)

4人の結束を強めているのは...「マネージャー全員で『マネ会』をよくやってます!ずっとしたかったんです。月曜日の夜の練習のあとはみんなバイトを入れないので、家に集まって、この前はもつ鍋をして、その前はチーズダッカルビをして、今度はチーズフォンデュをします(笑)。…こんなので記事になりますか?(笑)」

【写真を見る】初等教育教員養成課程で学ぶ3年生。美若誉那美 (みわか・ほなみ)さん

場を明るくし周囲を和ませるような話ぶりと笑顔で取材に応じてくれた美若さんが、今回の主役です!

知識ゼロから野球を学んだ

「高校の頃は剣道部の選手でした。でもずっとマネージャーがしたくて。正直、運動部なら何でも良かったんです。準硬に見学に来た時に先輩から熱心に誘ってもらって入りました」

高校時代の剣道部での選手としての経験も現在のマネージャー業に活きている

野球の知識は全くと言っていいほどなかった美若さん。しかし、マネージャーの先輩たちに一から丁寧に教えてもらったといいます。

「わからなすぎて、同じ事を何回も聞くんですよ私が(笑)。でも、怒ることも、呆れることもせずに、手とり足とり教えてくださって、基本的なことは身につけました。今は、プレーを追ってスコアも付けてます。今でも(野球が)わからないので『おる意味あるかな?』って本当に思うこともあります。『わからんけん、全然できんし』みたいに思うことも」

中島キャプテンを中心に本日の練習メニューの確認

ツラくて辞めたくなった時

同級生で部のキャプテンをつとめる中島遼太郎さんは、美若さんの頑張りを近くで見てきました。「彼女は野球のことは素人なのに入部してくれて、元々もう1人同級生のマネージャーがいたんですけど、その子が1年の途中の8月くらいに辞めて、同学年では彼女1人になったんです。大丈夫かな?と思ったんですけど、責任感が強いんで、出来ることを一生懸命やって続けてくれました」

ノック練習に付き添う美若さん

同期のマネージャーがいなくなった時には「私もやめたい...」と感じたという美若さん。その時救ってくれたのは選手たちの言葉でした。

「『絶対やめるなよ!』とか同期がみんな声をかけてくれて、先輩も『大丈夫か?』みたいに言ってくださって、今はもう『あん時辞めんで良かったやん!』みたいに言われます。私も今は本当に続けてきて良かった!って思います。いい仲間に出会えた...。ってなんかいい話ですね(笑)」

フォームチェックのために動画撮影もする

バッティング練習に付く、2年生マネージャーの奥田桃佳さん

マネージャーとしての『極意』『ひみつ道具』

《マネージャーの極意》は“寄り添える安心感”

「そういう風になれてるかはわからないですけど、選手がツラいな、どうしよう...ってなってる時に、思い出してもらえる人、そういう存在になりたいです。別にずっと私のことを考えてなくていいんですけど(笑) 、部活のことでも部活以外のことでも、そういう時に『ほなみに相談しようかな?』と、同級生にとっても後輩にとっても、そういう私でいられるように。野球の面では助けられないから、それ以外の面でちゃんと助けられるようになりたいと思ってます」

「人の話を聞くのが好きなので。プレー以外の事では気が付いたら声をかけるようにしてます」

岡山県出身の美若さん。将来は地元に帰って小学校の先生を

《ひみつ道具》は“先輩としての存在感”

「後輩のマネージャーたちはみんな私よりも野球の知識も経験もある子たちなんですよ。野球の面では“お手本”になれないから、それ以外の面で“お手本”になりたいです。この前、1年生の知紗希ちゃんに『私は、ほなみさんみたいなマネージャーになりたい!』と言われて、涙が出そうになりました。全然(先輩として)良くはないんですけどね、何もできてないんですけどね。会計や運営の事務の部分などをしっかり伝えていきたいです」

みんなで練習を見守る

「みんな、失恋したときも慰めてくれるし。逆にこの人たちが失恋したときも私が慰めたり(笑)」

美若誉那美さんの『ここが最高!』

美若さんが準硬式野球部にもたらしているものとは?再び、キャプテンの中島さんの言葉です。

「いい“支え”っていうか。気が利く子ですし、マネージャーとしての能力は高いと思います。本人に自覚はないと思うんですけど、選手からしたら、みんなが一つになる、つなぎ役って言ったら大げさかな(笑) 。でも、本当にそういう存在だと思います」

「すごいマネージャーを大切にしてくれる部活。取材が入ってるからとかじゃなくて(笑) ホントにみんな優しいです」

選手マネージャー先輩後輩の分け隔てのない一体感を感じさせる部の中で、部の雰囲気を明るく保つ、その確かな存在感が最高です!

結果を求め、みんなで一つに!

マネージャーにとって交通費の精算も日常業務のひとつ。この日は“いつもありがとう!”の思いをこめて美若さんが『感謝のきもち』と、したためたポチ袋で選手たちに渡されました。

選手たちに向けて、この日のために用意したポチ袋

「いつも、ありがとう!」

先の秋季リーグ戦は4位で終えた福岡教育大学準硬式野球部。春は、もちろん優勝を目指します!

「先輩は来年の6月まで、なのであと半年。そう思うと寂しいです」(1年生マネージャーの堀さん、村上さん)

「みんな仲良くて、やる時はやる!って感じです。試合でも練習でも、結構みんな茶化したりいじったりするんですけど、一生懸命やる時はやるし、上を目指して頑張ってます!」

もちろん新入部員も募集中!「頑張ってるんで、一緒にやりましょう!」

美若さんたちマネージャーと選手たちが、足並みを揃え、より高い結果を目指す福岡教育大学準硬式野球部に注目です!

この記事の画像一覧(全16枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る