ドーナツ、ケーキ、丼も!? 吉祥寺が“はらさん”の聖地に!

2012年7月7日 14:02更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2008年にオープンし、すでに吉祥寺の顔になりつつある「はらドーナッツ」。9月21日には「アトレ吉祥寺」に、おなじみの「はらドーナッツ」に加え、ドーナツ店とは違う形態の「はらのキッチン」と「はらのロール」の3店が同時オープンした。 

「はらドーナッツ」は、神戸市湊川の老舗豆腐店「原とうふ店」が作る、高品質のオカラと豆乳を使ったドーナツの専門店だ。2008年に関東に上陸して以来大人気で、今では関東エリアに13店舗を構える、話題の店となっている。

今回、吉祥寺では2店目となる「はらドーナッツ」は、東館1Fにオープン。今回のポイントは“イートインできる”こと。「買ってすぐに味わいたい!」人には、うれしい店だ。ヘルシーで素朴なドーナツを、おしゃれなカフェで食べれば、ひと味違った魅力が発見できそう。10月下旬からは、「安納芋-サツマイモ-」(150円)と、「和栗と竹炭」(160円)という新メニューが登場するのでチェックしよう!

また、同じく東館1Fにオープンした「はらロール」は、都内2店目のロールケーキ専門店。クリームには「原とうふ店」の豆乳や新鮮な赤卵を使うなど、健康へのこだわりが感じられる。さらに、米粉を使用したスポンジは、ふわっふわで弾力があり、特徴的な食感! さらに10月上旬には新メニュー「ほうじ茶オレンジ」(350円)が登場。さわやかな甘さと弾力ある生地がよくマッチしていて、人気がでること間違いなしだ。

そして、東館B1に登場したのは「はらキッチン」。ここは「さつま揚げピリカラ丼」や「ピリ辛味噌漬け豆腐丼」など、豆腐を使った“丼”を楽しめるカフェ。セットメニューを注文すると、おすましや野菜・豆のポタージュも付く、というから、ヘルシーなものをたくさん食べたい、という人にはもってこいのお店なのだ。他に、日替わりキッシュや全国初となるヌードルメニューも登場する。ドーナツ以外の“はらさん”の魅力を堪能するために訪れてみて。

「いままでは駅から少し離れた所にあったので、(これからは)もっとたくさんの人に食べてもらいたい」とスタッフ・山口さんが話すように、誰でも手をのばしやすい場所に勢ぞろいした3店の“はらさん”。もはや、吉祥寺の街歩きには欠かせなくなりつつある新名所を、是非チェックしてみよう! 【詳細は、9月21日発売の東京ウォーカーを参照】

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

ページ上部へ戻る