「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」にNGT48、AKB48チーム8、ラストアイドルが出演!!

2019年1月4日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス/週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃一

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1月2日・3日の2日間にわたって、お台場・青海周辺エリアで「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」が開催され、全90組のアイドルが大集結。なかでも、初出演となるNGT48、AKB48チーム8、ラストアイドルに注目が集まった。

全シングル曲に加え、チーム曲も披露したNGT48

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

すべての画像を見る(36件)

 NGT48は2日目(1月3日)に出演。14時30分、大勢の観客が待つZepp Tokyoに「overture(NGT48ver.)」が流れ、メンバーがステージに登場。大きな歓声と拍手の中、荻野由佳さんがセンターを務める4thシングル「世界の人へ」でライブはスタートした。続いて、アップテンポな楽曲「心に太陽」を歌い、会場をさらに盛り上げていく。

【写真を見る】NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

 「みなさん、こんにちは!NGT48です」とキャプテンの加藤美南さんが挨拶し、「NGT48は新潟の劇場でチームNⅢとチームGで違う公演をしています。まだ(劇場に)来たことがないよという方もいらっしゃると思いますので、その方たちにも新潟に遊びに来てもらえるように、今日は精一杯パフォーマンスをしたいと思います」と伝え、それぞれの公演曲(チームNⅢの「誇りの丘」、チームGの「逆上がり」)を披露。そして全員で、新潟らしさが詰まった「みどりと森の運動公園」を聞かせた。

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

 そのあとは、中井りかさんがセンターを務める「青春時計」、荻野由佳さんがセンターの「世界はどこまで青空なのか?」、本間日陽さんがセンターの「春はどこから来るのか?」と、デビューシングルから3rdシングルまでの表題曲を一気に披露。

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

 清司麗菜さんが「いろんなアイドルグループが出るイベントに、NGT48が今年も出演させていただくことができて本当にうれしかったです。今年最初のライブなので、2019年いいスタートが切れたなと思います。ありがとうございました!」と感謝の気持ちを話し、奈良未遥さんは「平成最後のお正月に、みなさんとたくさん盛り上がることができました。NGT48を知らない方には大好きになってもらいたいし、知ってる方にはもっともっとNGT48熱を上げて帰ってもらいたいなと思います」とメッセージを伝えた。

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

 「まだまだ盛り上げれますよね?」と観客に呼びかけ、NGT48の初のオリジナル曲「Maxとき315号」を歌い、最後は本間日陽さんがセンターを務める「ナニカガイル」で締めくくった。

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

 ライブ終了後、「Party Stage」(フジテレビ本社7階屋上庭園 フジさんのヨコ)のゲストトークコーナーに、加藤美南さん、中井りかさん、太野彩香さん、中村歩加さん、山田野絵さんの5人が登場。夏に開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL」を振り返り、中井さんは「一昨年(17年)は外で、去年(18年)は屋内だったんですけど、今年は外でやりたいです」とお願いした。制限時間内にお餅を重ねて乗せるというゲーム企画には、代表で太野彩香さんがチャレンジしたが残り10秒を切ったところで崩れてしまい、0個という残念な結果となった。

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

 今年の目標として加藤美南さんが絵馬に書いたのは「NGT48 全国ツアーしたい」。「毎年言っているんですけど、なかなか叶わなくて。2期生も加わって、今40名超えしていますし、『新潟から全国へ』という目標でやっているので、全国ツアーを目標にしたいと思います」と決意を表明した。

NGT48/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

初日のトリを務めたAKB48チーム8

AKB48チーム8/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

 初日(1月2日)のZepp DiverCity(TOKYO)でのトリを務めたのはAKB48チーム8。出演メンバーは、坂口渚沙さん(北海道)、岡部麟さん(茨城)、清水麻璃亜さん(群馬県)、小栗有以さん(東京都)、佐藤栞さん(新潟県)、歌田初夏さん(愛知県)、服部有菜さん(岐阜県)、平野ひかるさん(石川県)、髙橋彩香さん(長野県)、永野芹佳さん(大阪府)、大西桃香さん(奈良県)、濵咲友菜さん(滋賀県)、中野郁海さん(鳥取県)、人見古都音さん(岡山県)、下尾みうさん(山口県)、行天優莉奈さん(香川県)の16人。

AKB48チーム8/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

 「overture」が流れ、メンバーが登場。小栗有以さんがセンターの「ハッピーエンド」でライブが始まり、続けて「大声ダイヤモンド」「重力シンパシー」「#好きなんだ」を披露。

AKB48チーム8/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

「新年早々、このチーム8のステージにたくさんの人が来てくださり、本当にうれしいです。ありがとうございます!」と坂口渚沙さんが挨拶し、岡部麟さんは「1月2日ですけど、実家に帰らなくていいんですか?このステージに来てくれたことを本当にありがたいなと思っています。私たち、兼任先でいろんな先輩方から吸収したいと言っているけど、もうそろそろ学んだことをこのステージをはじめ、いろんなところで放出していける、そんな一年にしていけたらいいなと思っています」と抱負を語った。

AKB48チーム8/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

AKB48チーム8/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

 自己紹介に続いて、「センチメンタルトレイン」「言い訳Maybe」「希望的リフレイン」といったAKB48のヒットシングルを歌い、永野芹佳さんが「みなさん、アドレナリン、いっぱい出していきましょう!」と呼びかけ、「思春期のアドレナリン」を披露。

AKB48チーム8/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

 続いてはチーム8の代表曲の一つとして、ライブの定番曲としても定着した「蜂の巣ダンス」。激しいダンスが魅力のこの曲のセンターをこの日務めたのは下尾みうさん。そして最後は「47の素敵な街へ」。チーム8といえばこの曲という代表曲で盛り上げてライブが終了した。

AKB48チーム8/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」より

ユニット曲を10曲連続で披露したラストアイドル

ラストアイドル/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」にて

初日(1月2日)にはラストアイドルも出演。ラストアイドルは、12月に開催したTOKYO DOME CITY HALLでのデビュー1周年記念コンサートを成功させ、注目度もさらに上昇中。この日は1期生メンバーが出演し、「ラスアイ、よろしく」でライブが始まった。

ラストアイドル/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」にて

ラストアイドル/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」にて

「みなさん、明けましておめでとうございます!」と阿部菜々実さんが挨拶し、「声出していけますか?ラスアイと一緒に楽しんでいただけますか?」と長月翠さんが観客に呼びかけ、ユニットによる10曲連続のパフォーマンスが展開。

ラストアイドル/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」にて

ラストアイドル/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」にて

ラストアイドル/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」にて

LaLuceが「Everything will be all right」「風よ吹け!」を、Good Tearsが「スリル」「涙の仮面」を、Someday Somewhereが「Again & Again」「この恋はトランジット」、Love Cocchiが「Love Docchi♡」「青春シンフォニー」を、シュークリームロケッツが「君のAchoo!」「鼓動の理由」を聞かせた。

ラストアイドル/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」にて

ラストアイドル/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」にて

 ユニットごとの個性とカラーをしっかりと見せたあとは、再び全員がステージに集結。阿部菜々実さんが「ラストアイドル、2期生も含めた52人全員で、これからも前に進んでいきたいと思いますのでよろしくお願いします!」とメッセージを伝え、3rdシングル「好きで好きでしょうがない」でステージを締めくくった。

ラストアイドル/「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー2019」にて

取材・文=田中隆信

この記事の画像一覧(全36枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る