“溶けないアイス”はダイエットにも!?名古屋・大須で食べられる新感覚アイスがアツい!!

2019年1月15日 17:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

某トレンド情報誌でも2019年のキーワードにあげられた“溶けないアイス”。まだまだ東海エリアの専門店は少ないが、東京では大注目の次世代グルメだ。そんなフルーツの果肉と葛を合わせた、不思議なアイスが食べられる店が大須にあるのでチェックしよう!

フルーツの果肉×葛の新感覚アイスバー

2018年7月にオープンした「BANSHOJI STAND」は、フルーツの果肉と葛を合わせて凍らせたアイス「くずバー」(各300円)が人気。

萬松寺の向かいにある、かわいらしい外観のスタンド

すべての画像を見る(2件)

表面はシャリッとした食感だが、食べ進めるとモッチリとした弾力になる。味はフルーツミックス、マンゴー、パイナップルなど5種類。葛を使っているため、低カロリーで腹持ちがよく、整腸作用があるのでダイエット中のひとにもおすすめだ。売り切れになってしまうこともあるので早めに行くのがおすすめ!

【写真を見る】左からフルーツミックス、マンゴー、パイナップル(各300円)ちょっとした手土産としても喜ばれること間違いなし!

ちなみにすべての商品は、店の向かいにある萬松寺のおみくじ(通常100円)つき。運だめしもできちゃう不思議なアイスを食べに、足を運んでみよう!

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る