貴重な資料も展示!長崎県美術館で現代美術家・杉本博司の作品展が開催中

2019年1月12日 8:40更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

長崎県美術館(長崎県長崎市)で、企画展「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 世界文化遺産登録記念 クアトロ・ラガッツィ 桃山の夢とまぼろし 杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ」が開催されている。現在は後期期間で、会期は1月27日(日)まで。

【写真を見る】「天正遣欧少年使節肖像画」(1586年)京都大学附属図書館

国際的に活躍する現代美術作家、杉本博司が手がけた天正少年使節関連の近作群の他、使節関連の作品、史料を展観する展覧会。

杉本は2015年にイタリアを訪問し、その際に天正少年使節が描かれた16世紀末の壁画と出会ったことから、杉本にとってこの旅が使節の足跡をめぐるものであると同時に、日本と西洋を往還してきた自身の精神の出自をたずねるものともなった。

同展では、杉本の作品全28点に加え、ローマのジェズ教会が保管する3点の日本殉教図をはじめとした貴重な史料や当時の南蛮美術、キリシタン美術などを紹介している。

杉本博司「パンテオン、ローマ」(2015年、ゼラチン・シルバー・プリント)
[c]Hiroshi Sugimoto, Courtesy of Gallery Koyanagi

全ての画像を見る(2件)

また、1月12日(土)の14時30分からは、学芸員によるギャラリートークも開催される。長崎の文化や歴史を学びに長崎県美術館を訪れてみよう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る