日本各地のイノシシがわらべ館に勢揃い!鳥取県で「干支の郷土玩具展」開催中

2019年1月12日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鳥取県鳥取市のわらべ館3階ギャラリー童夢で3月10日(日)まで、「おもちゃと遊びの企画展 干支の郷土玩具展 とっても亥~ですね」が開催されている。

地元の鳥取からは、シンプルなデザインの木彫りの作品や、着物をまとい擬人化された土人形などを紹介

地元の鳥取からは、シンプルなデザインの木彫りの作品や、着物をまとい擬人化された土人形などを紹介
写真は主催者提供

すべての画像を見る(3件)

2019年は、どっと駆けるイノシシの出番。古くは、肉が貴重なタンパク源となるだけでなく、骨は占いにも用いられた。そんな大切ないのししの様々なデザインが楽しめる。

近年は「害獣」のイメージが先行しがちだが、ずらりと並べてみると、愛嬌のある表情にに和むことうけあい

近年は「害獣」のイメージが先行しがちだが、ずらりと並べてみると、愛嬌のある表情にに和むことうけあい写真は主催者提供

担当者は「日本におけるイノシシは、縄文時代以来の狩猟対象として、貴重なたんぱく源となり、1回に4、5頭出産するため、多産や豊穣の象徴として、祀られることにもなりました。そんななじみ深いイノシシをモデルにした、日本各地の張り子や土人形・土鈴、キビやウリノキなどの珍しい素材を用いた郷土玩具を約90点展示、紹介しています」と展示内容について話す。

亥年にちなんだイノシシにまつわる企画展。いのししの新たな魅力を発見しに行こう。

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る