「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」開催! 齋藤飛鳥「そこにいたはずなのに何一つ覚えてなくて、『こんなに忘却が激しいんだ、私』って反省しました(笑)」

2019年1月11日 10:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス/野木原晃一

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

齋藤飛鳥さん、堀未央奈さん、与田祐希さんが会見に出席!

(写真左から)乃木坂46の堀未央奈さん、齋藤飛鳥さん、与田祐希さん

全ての画像を見る(5件)

 1月11日(金)、ソニーミュージック六本木ミュージアムが「スヌーピーミュージアム」跡地にオープンする。その開催第1弾となる企画展「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」が1月11日から開催される。

【写真を見る】齋藤飛鳥さん(乃木坂46)

 この企画展では、乃木坂46のジャケット写真やアザーカット、ミュージックビデオのプロップス、実際に着用した衣装やアイデアスケッチなど、未公開のアートワークを含め、約9万点を展示。本展のために制作されたオリジナルグッズの販売、楽曲やメンバーにちなんだフードやデザート、ドリンクが楽しめるカフェ「坂CAFÉ」も併設されている。

堀未央奈さん(乃木坂46)

 1月10日、開催に先駆け、乃木坂46の齋藤飛鳥さん、堀未央奈さん、与田祐希さんが会見を行なった。会場の展示を見た齋藤さんは「『だいたいぜんぶ展』という名前だから、私が舐めてたと思いました。一周みんなで回らせてもらったんですけど、細かいこだわりがたくさん感じられて、全く時間が足りなかったです。何を見ても『スゲエ!』しか出てこなかったので(笑)、誰が見ても満足できる展示会だなって思いました」と感想を語った。

与田祐希さん(乃木坂46)

 展示品から、乃木坂46の7年間の歴史が感じられる。堀さんは「私は2期生で途中から加入したので、加入する前のMVや衣装、ジャケ写がどういうふうに作られているのか実際に見ていなかったので、そういう歴史を知ることができて、私たち2期生ももっと乃木坂46の良さとか、先輩が作り上げてきたものを感じ取って、今度の活動に生かしていきたいなと思いました」と語ると、与田さんも「私は未央奈さんのさらに後輩の3期生で、2016年に加入したので、それ以前の知らなかった写真や映像を見ることができて楽しかったです」と話した。齋藤さんは1期生なので全ての歴史を知っているはずだが、「私、すごく忘れっぽいんだなって反省しました。いろいろ展示されているものを見て、(デビューシングルの)『ぐるぐるカーテン』のころの物もあったんですけど、そこにいたはずなのに何一つ覚えてなくて、『こんなに忘却が激しいんだ、私』って反省したので(笑)、今後はひとつひとつ胸に刻んで、記憶にも記録にもちゃんと自分の中に残していきたいなと思いました」と話し、会場を和ませた。

「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」は、5月12日(日)までソニーミュージック六本木ミュージアムで開催

 会場で販売されているグッズの中でのお気に入りを聞かれると、堀さんは「いいのがあり過ぎて、これっていうのが決められなかったんですけど、あえて選ぶとしたらマグネットです。これまでのジャケット写真がモチーフになっていて、コンプリートできます。これくらい小さいと冷蔵庫に貼るのも可愛いし、ファンの方って写真を集めたり、コレクションするのが好きな方もいらっしゃると思うので、冷蔵庫を開けるたびに癒されて欲しいなと思いました」と、ジャケット写真が印刷されたマグネットをセレクト。齋藤さんは「私はレジャーシートと軍手です。今回の展示会のコンセプトが『倉庫』なので、グッズも倉庫っぽいものが多いんです。暖かくなったら“ひとりピクニック”をするという計画があるので、その時にレジャーシートを使って、軍手でお芋掘りをしたいです(笑)」と答えた。そして与田さんは「最新シングルの『帰り道は遠回りしたくなる』のMVで(西野)七瀬さんが描いた“どいやさん”のTシャツです。すごいおしゃれで、実際、自分も着たくなるぐらいセンスが爆発していて、可愛いなと思ったのでこれにしました」と選んだ理由を語った。

 「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」は、5月12日(日)までソニーミュージック六本木ミュージアムで開催。

取材・文=田中隆信

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る