海洋堂フィギュアに横尾忠則アート!関西で楽しむ大人がハマるミュージアムへ

2019年1月16日 16:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

立体絵画として世界的な評価も受けるアートプラのジオラマや、横尾忠則の世界を堪能できるミュージアムなど、関西で大人が楽しめるアートスポットをご紹介。芸術に触れて豊かな時間を過ごしてみては?<※情報は関西ウォーカー2号(2019年1月4日発売号)より>

「海洋堂フィギュア ミュージアム 黒壁 in 長浜アートセンター」

海洋堂のカプセルも販売し、常時100種以上と品ぞろえは日本一!/海洋堂フィギュア ミュージアム 黒壁 in 長浜アートセンター

全ての画像を見る(6件)

「ミュージアム 黒壁 in 長浜アートセンター」は、リアルさだけでなく造型師による絵画的な表現が込められたフィギュア(アートプラ)が芸術的。2018年12月22日には、別館「海洋堂カプセルミュージアム」もオープンし、過去に発売されたシリーズの紹介やカプセルフィギュアを使ったジオラマ展示も。

【写真を見る】精巧に作られた等身大からおまけサイズまで、海洋堂の作品を一堂に展示している/海洋堂フィギュアミュージアム 黒壁 in 長浜アートセンター

立体展示だけではなく、光と影による光の演出や、ストーリー性も感じられる見せ方にも注目/海洋堂フィギュアミュージアム 黒壁 in 長浜アートセンター

■海洋堂フィギュアミュージアム 黒壁 in 長浜アートセンター<住所:滋賀県長浜市元浜町8-22 電話:0749-68-1680 予約:不要 入場料:大人(800円)、小中学生(500円、フィギュア付き) 時間:10:00~17:00(最終入館16:30) 休み:なし 駐車場:なし アクセス:JR長浜駅より徒歩5分>

多彩な切り口で年3回!ユニークな展覧会が魅力「横尾忠則現代美術館」

展覧会図録などのほか、カラフルで楽しいオリジナルグッズが多数/横尾忠則現代美術館

「横尾忠則現代美術館」では常設展示はなく、約3000点にも及ぶ絵画やポスター、版画など、本人からの寄贈・寄託作品を軸に、横尾忠則を多彩な切り口で紹介する企画展を年3回実施。行くたびにテーマが異なり、何度足を運んでも興味が尽きない。

1月6日(土)~5月6日(祝)は、企画展「横尾忠則 大公開制作劇場~本日、美術館で事件を起こす」を開催/横尾忠則現代美術館《N.P》2012年作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

4階にあるアーカイブルーム(無料、要予約)の入口、通称「目玉廊下」は人気の撮影スポット/横尾忠則現代美術館

■横尾忠則現代美術館<住所:兵庫県神戸市灘区原田通3-8-30  電話:078-855-5607 予約:不要 入場料:大人(700円)、大学生(550円)、高校生以下無料 時間:10:00~18:00 ※展示会開催中の金曜、土曜10:00~20:00(最終入場30分前) 休み:月曜 駐車場:原田の森ギャラリーと共用(400円/60分、以降200円/30分、割引有) アクセス:阪急王子公園駅より徒歩6分>

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る