煌めく水面のようなショコラが美しすぎる…!サラリーマンショコラティエが作る“極上のショコラ”とは?

2019年1月23日 17:00更新

東海ウォーカー 吉川明里

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年1月18日(金)から2月14日(木)まで、「ジェイアール名古屋タカシマヤ」(名古屋市中村区)で、「2019 アムール・デュ・ショコラ~ショコラ大好き!~」が開催中だ。そのなかでも気になるブランドを調査!今回は、“サラリーマンショコラティエ”と呼ばれる大石茂之氏による注目ショコラを紹介する!!

メリーチョコレートから登場した新ブランド

今回初出店となる「トーキョーチョコレート」は、メリーチョコレートから2009年に登場した新ブランド。元々、同社でチョコレートの生産に携わっていた大石氏がトップショコラティエとして活躍していることでも話題のブランドだ。そんな大石氏が作るショコラは、フランス・パリの世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で3年連続金賞を受賞!国外でも高い評価を受けている、極上のショコラとして注目が集まっている。

トップショコラティエの大石茂之氏

トップショコラティエの大石茂之氏

すべての画像を見る(2件)

愛知県の食材を使用した限定ショコラ

なかでも気になるのが、ジェイアール名古屋タカシマヤ限定で販売される「みなも(N) 4個入」(1728円)!愛知県産の西尾抹茶、蒲郡みかん、次郎柿、西尾バラを使用したショコラで、水面に映る東京の空をイメージして作られた代表作「MINAMO」をアレンジした商品になっている。

【写真を見る】ジェイアール名古屋タカシマヤ限定で販売される「みなも(N) 4個入」(1728円)

【写真を見る】ジェイアール名古屋タカシマヤ限定で販売される「みなも(N) 4個入」(1728円)

トーキョーの文化をチョコレートを通じて世界に発信する「トーキョーチョコレート」。そんなブランドが手がける、思わずため息が出てしまうほど美しい水面のようなショコラをぜひ会場でチェックしてほしい。

「2019 アムール・デュ・ショコラ~ショコラ大好き!~」期間:2019年1月18日(金)~2月14日(木) ※7・8Fのサテライト会場は1月23日(水)~2月14日(木) / 会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ10F ※7・8・9Fにサテライト会場 / 住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 / 時間:10:00~20:00

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る