久月が2019年「今年の期待びな」発表 皇太子さま・雅子さまらがひな人形に

2019年1月23日 15:55更新

東京ウォーカー(全国版) 国分洋平

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

人形専門店の久月は、1月23日(水)に2019年「今年の期待びな」を発表。皇太子ご夫妻と、フィギュアスケートの紀平梨花選手、将棋の藤井聡太七段をモチーフにしたひな人形が東京・浅草橋の久月本社にて展示公開された。

久月本社で公開された2019年「今年の期待びな」

すべての画像を見る(6件)

「今年の期待びな」は、その年に活躍が期待される話題の人をモデルに久月が毎年制作しているもの。2019年は平成から新元号に変わる新時代の幕開けとして、5月1日に新天皇・新皇后となる皇太子さまと雅子さまが選ばれた。皇太子さまを模した男雛は、天皇が重要な儀式の際に着用する装束の色と同じ「黄櫨染」の装束を身にまとっている。

皇太子さまをモデルにした男雛

雅子さまを模した女雛

また、近年は各分野で若手の活躍がめざましいことから、日本人シニア1年目にしてグランプリファイナル制覇を達成した紀平梨花選手と、史上最年少のプロデビュー後、前人未到の29連勝で社会現象を巻き起こした藤井聡太七段、16歳同士の2人が期待びなとなった。

紀平梨花選手を模した女雛

【写真を見る】藤井聡太七段を模した男雛

今年の期待びなは、1月23日(水)から25日(金)まで久月本社にて展示される。また、1月30日(水)から2月5日(火)の期間はそごう横浜店にて展示される予定だ。

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る