スヌーピーミュージアム展が大阪にやって来る!レアグッズも多数

2019年1月30日 15:32更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年4月13日(土)から同6月16日(日)の期間、グランフロント大阪館 ナレッジキャピタル B1イベントラボ(大阪市北区)にて、スヌーピーの魅力が詰まった展覧会が開催される。

2019年4月13日(土)から6月16日(日)、大阪にてスヌーピーミュージアム展を開催!
すべての画像を見る(8件)

「スヌーピーミュージアム展 ハロー大阪!ベスト・オブ・ピーナッツがやってきた。」と題した同展では、2016年から2018年秋までの期間限定で東京・六本木にオープンしたスヌーピーミュージアムの5回の展覧会をぎゅっと凝縮。2年半の間に展示された、シュルツ美術館の貴重な原画作品やスケッチ、ヴィンテージ・グッズなどから、選りすぐりの約200点が展示される。

【写真を見る】「ピーナッツ」原画(部分)※1972年3月20日

第5章「愛しのピーナッツ。」シュルツ氏夫人がバレンタインデーにプレゼントされた秘蔵の色付き原画

展示では、作者チャールズ・M・シュルツ氏が約50年にわたって描き続けた新聞連載コミック「PEANUTS(ピーナッツ)」の魅力、スヌーピーやチャーリー・ブラウン、ウッドストックなど個性豊かな仲間たちを紹介。新聞連載時から近年まで描かれた画のタッチの変化など、じっくりと時間をかけて眺めたいものばかりだ。

モチモチの触り心地の「おなかの丸いスヌーピー」(税抜3000円)

スヌーピーと仲良しの「ウサギ」がぬいぐるみに!「くたくたウサギのぬいぐるみ」(税抜2500円)

「トミカ」(税抜700円)。窓からウッドストックが覗いている!

コンパクトサイズの「クッション」(税抜各2500円)

「サガラ織りバッジ」(税抜900円)。洋服やバッグにつけてかわいいアクセントに

巡回展ストアでは、スヌーピーミュージアムで大人気だったアイテムを多数復刻し、会場限定アイテムやスペシャルな図録も販売。失恋でやけ食いし、おなかが丸くなってしまったスヌーピーがぬいぐるみになった「おなかの丸いスヌーピー」(税抜3000円)など、キュートなアイテムが充実している。会場に足を運んで、自分へのご褒美や大切な人へのギフトを見つけて!
(C) 2019 Peanuts Worldwide LLC
CRAING

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

ページ上部へ戻る