きかんしゃトーマスの舞台、ソドー島の魅力が詰まったムックが発売!

2019年1月31日 11:00更新

東京ウォーカー(全国版) CRAING

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年1月21日、きかんしゃトーマスの舞台「ソドー島」の魅力が詰まった、きかんしゃトーマス「ソドー島Walker」(KADOKAWA)が発売された。ソドー島にはたくさんの路線が走り、きかんしゃやディーゼル車たちが行き交っている。そんなソドー島を走るソドー本線をメインに、デイジーとライアンの支線、トーマスの支線、エドワードの支線、高山鉄道などを、おなじみのスポット、キャラクターとあわせて紹介されている。

ソドー島の魅力を発信するきかんしゃトーマス「ソドー島Walker」(KADOKAWA)が発売中!

ソドー島の魅力を発信するきかんしゃトーマス「ソドー島Walker」(KADOKAWA)が発売中!

すべての画像を見る(7件)

場所がひと目で分かる周辺地図を掲載

場所がひと目で分かる周辺地図を掲載

キャラクターピンナップは全56キャラ掲載

キャラクターピンナップは全56キャラ掲載

きかんしゃトーマス「ソドー島Walker」では、路線ごとにストーリーによく出てくるスポットを紹介。実際にそのスポットが出てきた物語も紹介しているので、DVDなどを見返した時に登場シーンを確認することができる。さらに、誌面で出てくるキャラクターを中心に、ソドー島で出会えるトーマスの仲間たちを巻頭ピンナップで一挙紹介!

ビッグサイズのレジャーシート付録付き!

ビッグサイズのレジャーシート付録付き!

家族みんなで使えるゆったりサイズ

家族みんなで使えるゆったりサイズ

トーマスたちを走らせて遊ぶことも

トーマスたちを走らせて遊ぶことも

ソドー島を自由に走りまわろう!

ソドー島を自由に走りまわろう!

また、本ムックは1200mm×900mmのビッグサイズのレジャーシートが付録。パパ、ママ、子供が一緒に座れるゆったりサイズなので、おでかけシーズンに活躍すること間違いなし。ソドー島の地図のなかに実際の路線を描いているので、手持ちのトーマスたちを走らせて遊ぶことも可能だ。部屋の中でも使える、“遊べるレジャーシート”は高ポイント!

トーマスやパーシー、ヒロなど、大好きなキャラクターが暮らすソドー島に家族でおでかけした気分で、島の魅力をじっくり堪能してみて!【ウォーカープラス/PR】

(C) 2019 Gullane (Thomas) Limited.

この記事の画像一覧(全7枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る