みつけだせ!僕らの最高のマネージャー!!「福岡教育大学音楽堂(バンド愛好会)」

2019年3月13日 10:00更新

九州ウォーカー 山本真己

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

選手を支えるキラリと光る“最高のマネージャー”を発掘する連載。今回は、バンド愛好サークル「音楽堂」に所属し副部長をつとめる2年生中本春佳(なかもと・はるか)さんと、先輩にあたる3年生安部由希子(あべ・ゆきこ)さんに、近付くライブに向けて大詰めの練習後に、お話をうかがいました。

初等教育教員養成課程 2年 中本春佳さん

初等教育教員養成課程 2年 中本春佳さん

すべての画像を見る(19件)

中等教育教員養成課程 数学専攻 3年 安部由希子さん

中等教育教員養成課程 数学専攻 3年 安部由希子さん

ドラムス!安部由希子!

人影もまばらな土曜日のキャンパス内。学生会館の第3集会室に中本さんがギター、安部さんがドラムを担当するサカナクションのコピーバンド「ツバサクション」のメンバーが集まってきます。本家サカナクションと同じ楽器構成の2年生から4年生まで5人のメンバー。「1年生の時に4年生の先輩に誘われたりして、学年バラバラで組む事も多いです。当然上手だし先輩と組む事はモチベーションになります」(安部さん)

【写真を見る】ギターボーカルの吉村翼さん、キーボードの縄田彩和子さん、ベースの佐藤康平さんと共に

【写真を見る】ギターボーカルの吉村翼さん、キーボードの縄田彩和子さん、ベースの佐藤康平さんと共に

ほぼ毎月のように行われる学内ライブに合わせて、練習が行われます。音楽堂は総勢70人あまりの大所帯。部員たちが様々な組み合わせでバンドを組み、直近のライブでは、67バンドが日頃の練習の成果を披露しました。中本さんは5バンド、安部さんは8バンドに所属しています。「ドラムを演奏できる人が少ない時期があって。需要が凄かった時期が(笑) 。最近は増えてきたんですけど」(安部さん)

「(安部さんは)すごい上手な先輩だから、ライブ見てても『かっこいいー!』ってなります」(中本さん)

「(安部さんは)すごい上手な先輩だから、ライブ見てても『かっこいいー!』ってなります」(中本さん)

中学高校と吹奏楽部で打楽器を担当していた安部さん。大学でも楽器を続けたい気持ちはありましたが、実家生(実家から通っている学生)だったため、夜遅くまでの練習が課せられる部活動に参加する事にはためらいがありました。「だけど楽器は続けたい!っていう気持ちがあったので。自由に楽しく続けられる音楽堂に入ろうかな、って思いました。楽しく楽器をしたい!っていう気持ちが強かったので」(安部さん)

「初心者が入って来やすいので、一緒に教室に入って楽器の事教えるよ!とか、一緒に楽器買いに行くよ!とか新しい事に挑戦しやすいように声を掛けるようにしてます」(安部さん)

「初心者が入って来やすいので、一緒に教室に入って楽器の事教えるよ!とか、一緒に楽器買いに行くよ!とか新しい事に挑戦しやすいように声を掛けるようにしてます」(安部さん)

ギター!中本春佳!

楽器のセッティングを終えると1時間半にわたるバンド練のスタートです。『アルクアラウンド』『Aoi』『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』といったおなじみの曲が中本さんたちの手で再現されていきます。もちろんオリジナルの楽曲を意識しつつも、自分たちなりの演奏を高めていくために、手を止めて話合いがもたれる事もしばしば。

「私たち全然マネージャーじゃないんですけど(笑)大丈夫ですか?」(中本さん)

「私たち全然マネージャーじゃないんですけど(笑)大丈夫ですか?」(中本さん)

中本さんはギターに加えてコーラスも担当。なかなか納得がいかないようで、練習中も「私、声が子供っぽいから、ダサいんだよね」とこぼしていましたが、実は小学生の頃にはミュージカルへの出演を重ねていた中本さん。中学高校ではバドミントン部の活動が忙しかったため「大学生活では再び歌おう」と決めていました。

「曲が難しいバンドは練習量が多くなります」(中本さん)「サカナクションは難しいです」(安部さん)

「曲が難しいバンドは練習量が多くなります」(中本さん)「サカナクションは難しいです」(安部さん)

「最初は楽器はやる気なくて、歌唄いながら楽器を演奏するならギターかな、くらいの気持ちでギター始めたんですけど。でも、先輩たちから教えてもらうようになって、ギターの方が楽しくなって。今は歌の方が自信ないです(笑)」(中本さん)

「入った時は全然バンドとか知らなくて、ギターも触った事なくて、先輩たちに丁寧に教えてもらいました」(中本さん)

「入った時は全然バンドとか知らなくて、ギターも触った事なくて、先輩たちに丁寧に教えてもらいました」(中本さん)

運動系の部活動のように、目に見えた結果が成績という形で出ない分、仲間同士や先輩からの意見が参考になるそうです。「みんな楽器やってる人なので『ここが良かった!」』とか言ってくれる評価が的確です。1年生の時は周りがみんな上手く見えてたんですけど、今は自分の中でも意識的に練習ができていて、他の人の演奏を聞いても、いろんな観点から見られるようになりました。その辺は自分も成長したかな、と思える部分です」(中本さん)

「私が先輩に教えてもらって為になったことは、後輩にも伝えるようにしています」(中本さん)

「私が先輩に教えてもらって為になったことは、後輩にも伝えるようにしています」(中本さん)

「音作り」の楽しさ

練習中も「これ、どうやってるんだろうね?」と難しいフレーズに試行錯誤。個人の取り組みの先にある5人のアンサンブルを向上させていきます。「始めた頃は、とりあえず弾けるようになるのが楽しかったんですけど、今は“音作り”が楽しい。サカナクションをやり始めて音を意識するようになって、いろんな音があることを知りました。『これで音が変わる!』っていう発見があって。音作りに挑戦していて、同じような音が出来た時とか、そういうのが楽しい!と変わってきました」(中本さん)

「最初はエフェクターっていうものがある事も知らなかったです」(中本さん)

「最初はエフェクターっていうものがある事も知らなかったです」(中本さん)

「弾くので精一杯の頃は、ギターの生音みたいな感じで音程が聞こえるんですけど、上手くなってくると、本家のサカナクションの響きだったり、硬さや柔らかさを再現している音が鳴るので、“音作り”ができてる!って思えます」(安部さん)

メンバーのスケジュールを擦り合わせて次の練習日を決定。学外のスタジオを借りる事もある

メンバーのスケジュールを擦り合わせて次の練習日を決定。学外のスタジオを借りる事もある

「緊張感あるね。毎回取材に来てもらおうか(笑)」と笑い合う、5人のバンドメンバー。いつもとは違う、今日のバンド練が終了しました。

2人の『ここが最高!』

中本さんの音楽堂関連のノートを見ながら。用途に分けて複数のノートをつけている

中本さんの音楽堂関連のノートを見ながら。用途に分けて複数のノートをつけている

部長、副部長、会計、教室取り(バンド練のために教室を確保する)、企画(卒業旅行やキャンプなどライブ以外のイベントを計画する)といった役職を、2年生がつとめるのが音楽堂の決まり。現在2年生の中本さんは副部長としてライブの運営を任されています。月に1度ペースで行われるライブのために、各バンドの練習場所の確保・ステージの設営・音響や照明の準備・当日のタイムテーブルの調整など多くの仕事があります。

サークル用のスケジュール帳。細かく整理されていて中本さんの仕事ぶりがうかがえる

サークル用のスケジュール帳。細かく整理されていて中本さんの仕事ぶりがうかがえる

中本さんは学業、アルバイトそして音楽堂の活動を並行してこなしています。「バイトで『サークルのために休みます』と言う時、すっごい嫌なんですよ!ホントにやってることは大変なのに、サークルって言い方すると、遊びっぽく聞こえてしまうので。だからたまに『部活』って書いたりします(笑)」(中本さん)

「幹部になってからはバイトの回数を減らしてサークルのことを考える時間が増えました。単位も全部取ってます、一応『フル単』です」(中本さん)

「幹部になってからはバイトの回数を減らしてサークルのことを考える時間が増えました。単位も全部取ってます、一応『フル単』です」(中本さん)

「真面目なことを言うと、確かにサークルなので“楽しむ“ことが目的なんですけど、全ての人が自分勝手に楽しんでたらライブは成り立たない。楽しむ人が楽しむために、運営上で絶対しなきゃいけないことがいっぱいあるから。それを担ってくれている2年生の副部長や幹部は、それ以外の人が自由に楽しめるように、メチャクチャ頑張んなきゃいけないんです」(安部さん)

塾講師のアルバイトをしている安部さん。勉強とサークル活動とのバランスも取りやすいそうです

塾講師のアルバイトをしている安部さん。勉強とサークル活動とのバランスも取りやすいそうです

「めちゃめちゃ先輩にも手伝ってもらってます」(中本さん)

「みんなの為にしなきゃいけないことをこなしてる(中本さんのことは)、すごく信頼しています」(安部さん)

みんなが自由に楽しむために、汗をかく人がいて、それを理解した上でサポートする。そんな関係を築いている2人の強いつながりが最高です!

お互いを褒め合うような形になって照れるお二人

お互いを褒め合うような形になって照れるお二人

「楽しむ」ための「優しい」仲間たち

様々な人同士の組み合わせで、その人との組み合わせでしか出せない音を鳴らすバンド。音楽堂というサークルに居る人たちには共通して“優しさ”があるといいます。

2月に行われたライブでの5人の演奏!

2月に行われたライブでの5人の演奏!

「私、このサークルがホントに大好きで。それは、人がホントに優しい、みんな優しい!1年生なんて全然自信ないじゃないですか?でも、ライブで絶対盛り上げてくれるんですよ。同じバンドの時も『がんばろう、がんばろう』ってちゃんと目を見て励ましてくれるし、運営に関しても“普通に”教えてくれる。どの先輩も、聞いたら絶対嫌な顔しないです。優しく教えてくれます」(中本さん)

「あんなに苦労してライブのタイムテーブル組んだのに、その時間に来ない!とかあると、当日は大変です(笑)」(中本さん)

「あんなに苦労してライブのタイムテーブル組んだのに、その時間に来ない!とかあると、当日は大変です(笑)」(中本さん)

「感覚的に上手く演奏できたな、という時はみんなの反応も違うから。ライブをしながら、盛り上がっていることを実感できます」(安部さん)

「感覚的に上手く演奏できたな、という時はみんなの反応も違うから。ライブをしながら、盛り上がっていることを実感できます」(安部さん)

3月には、4年生の先輩たちを送り出す「卒業ライブ」と「卒業旅行」が控えています。「みんな楽しみにしてると思います!」(中本さん) 。卒業旅行は2年生が企画し、毎年行く先はシークレット。みんなの喜ぶ顔を見るために準備を進めています。全力で楽しむために、全力で責任を果たす。音楽堂での中本さんと安部さんの活動は続きます!

この記事の画像一覧(全19枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る