雪の中での楽しい遊びが盛りだくさん!札幌市で冬のアクティビティ体験

2019年2月11日 8:00更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

北海道札幌市のノースサファリサッポロで、「冬のアクティビティ」が3月21日(祝)まで開催されている。

【写真を見る】貴重な犬ぞり体験もできる写真は主催者提供

ノースサファリサッポロは、札幌中心部から車で約40分のところに位置する超体験型動物テーマパーク。2018年9月よりオープンした大人気のアニマルグランピングは、好きな動物と一緒にまるで夢の中のような時間を過ごすことができるほか、自然の中でBBQや熱々の鍋を味わうこともできる。

冬の同施設は、雪の中の楽しいアクティビティが盛りだくさん。人気No.1の犬ぞりやスノーモービル、雪上バナナボートなどが楽しめる。また、チューブ滑りやスノーシューなど無料で遊べるコーナーもある。

スノーモービルで引っ張るバナナボート。海上で行うのと違い、地面の凹凸を直に感じられる
写真は主催者提供

全ての画像を見る(2件)

担当者は「冬のアクティビティは人気ナンバー1の犬ぞりやバナナボートなど盛りだくさん!皆さまのお越しをお待ちしております」と来場を呼びかける。

冬ならではのアクティビティを楽しめるノースサファリサッポロ。自分では用意しにくい道具を使った雪遊びができるので、ぜひ家族で訪れよう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る