これは華やか京御膳! かわいい小鉢に12種のおばんざいが・京都「京菜味 のむら 錦店」

2019年2月15日 17:30更新

関西ウォーカー 折笠隆

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

18年9月にオープンした「京菜味 のむら 錦店」(京都市中京区麩屋町通錦下ル桝屋町513)は、名物料理「雅ご膳」をメインにしたおばんざいの店。〈■情報は発売中の「京都Walker2019春」より〉

セットのおばんざいは、多彩な野菜や魚、肉がバランスよく取り入れられ、さまざまな味わいと食感が楽しめる。ボリュームはあるが、ヘルシーなのでペロリと食べられると、女性客にも好評。

「京菜味 のむら 錦店」の「雅ご膳」

すべての画像を見る(4件)

雅ご膳はランチにおすすめ

ランチにおすすめなのが「雅ご膳」(1,620円)。定番のうの花コロッケと魚料理に、日替りが加わるきまぐれおばんざい12種、湯葉丼、味噌汁がセットになっているメニューだ。さらに、おばんざい6種と酒1種がセットになった「ちょい飲みセット」(980円)もある。京都らしいちょい飲みも気軽な値段で楽しめるのがうれしい。

【画像を見る】これぞ京都! おばんざい6種&お酒の「ちょい飲みセット」

店内

「招德酒造の『西山』(グラス500円)など、厳選した京都・伏見の地酒も豊富にご用意しています。平日限定ランチの八坂セット980円(~14:00)も好評です」と店長のアニーさん。

店は昭和初期の町家を利用した一軒家。ステンドグラスの照明などで大正ロマンをイメージした1階ほか、2階には洋室14席、和室10席がある。錦小路近くと京都の中心街にあるので、散策の際は何かと便利。気軽に立ち寄りたい。

外観

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

特集

ページ上部へ戻る