松井珠理奈10年目の“頑張らない”境地「仲間を信じて盛り上げ役に」、指原への想いも吐露

2019年2月16日 9:00更新

東京ウォーカー(全国版) 加藤由盛

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「SKE48の10年間」を語った高柳明音(左)、松井珠理奈(中)、大場美奈(右)
(C)エイベックス通信放送

すべての画像を見る(17件)

AKB48の姉妹グループ、SKE48の10周年を記念した特別番組『めちゃんこSKEEEEEEEEEE!!』(dTV)の配信がスタートする。SKE48メンバーがさまざまな企画にチャレンジする王道バラエティーだが、松井珠理奈が「10年グループが続くと思っていなかったし、自分がまだいるとも思っていなかった」と明かすなど、番組内ではSKE48の10年間の歩みも紹介される。そんなSKE48の中心メンバーである松井珠理奈、大場美奈、高柳明音の3人へウォーカープラスが独占取材。冠番組の見どころをはじめ、篠田麻里子、松村香織、指原莉乃らメンバーの卒業への想いや過去つらかった時期など、激戦のアイドル業界で続けてきた“今だから話せるSKEの10年間”を3人が語ってくれた。

祝10年!冠番組で「酢」をかけられたり…変わらず体張ってます

冠番組と10年の歩みを振り返る3人(C)エイベックス通信放送

――まずは、SKE48の冠番組と聞いたとき、どんな思いでしたか?

【大場美奈】 SKE48は一番最初の姉妹グループで、AKB48の選抜にも入るメンバーがいながらもみんなソワソワして。それが新鮮でした。昔は「自分が手を上げたらどうなるんだろう…」とか考えてできなかったことが、10年経って「あの頃とはちがうぞ」って思っている今どう映るのか自分でも楽しみです。

「めちゃんこSKEEEEEEEEEE!!」収録の様子(C)エイベックス通信放送

【松井珠理奈】 SKE48の番組なので期待値も上がりますよね。プレッシャーというか、“冠”がつく以上は面白くないといけないなって。初回は大事って思いました!

【高柳明音】 自分たちだけの収録スタジオに出会えるのがうれしくて。SKE48のためにスタッフのみなさんが作ってくれたことが嬉しかったです。楽屋という設定だったのですが、実際の楽屋の100倍くらいかわいくて(笑)。第2弾がもしあれば、メンバーがもっとたくさん出られたらいいなって思っています。

――収録の印象的なエピソードは?罰ゲームでお酢をかけられたり、大変だったそうですね(笑)

須田亜香里をくすぐる松井珠理奈(C)エイベックス通信放送

【大場美奈】“かける”系の罰ゲームが多すぎて。もうちょっと視聴者に伝わるやばいやつが欲しかったですね(笑)。風船が割れるとかわかりやすかったけれど、「すっぱい!」とか私たちしかわからないから表現が難しかったです!

【高柳明音】お酢とそのほかの罰ゲームのレベル差がすごすぎだったね(笑)。

【大場美奈】だって、あの須田亜香里が嫌だって言ってたくらいだもん。「『NGない』ってあんたさんざんニュースになってたじゃん」って、みんなから突っ込まれていました(笑)

グループ兼任との葛藤や、珠理奈の「頑張らない」境地…10年の想い出

SKE48高柳明音(C)エイベックス通信放送

――番組では、SKE48のこれまでの歩みも紹介する演出があるそうですね。はじめてのAKB48の姉妹グループとして生まれてから10年。みなさんが思い出に残っていることはなんでしょうか。

【松井珠理奈】 そういえば、この3人全員グループ兼任経験あるね。

【大場美奈】 最初言われたときは信じられなかったですね。自分がいたグループと違う場所にいくことが想像できなかった。不安とかじゃなくて、驚きしかなかった。

【高柳明音】 私はNMB48 で、初めての姉妹グループ同士の兼任でした。名古屋と大阪で比較的近かったので劇場公演も両方行き来して。初めて経験することもたくさんあって刺激を受けました。関西の人って、日常会話で「おもんないわ、死ね」とかいうんですよ(笑)。最初は言われるたびに「えっ…死ね!?」って思っていたんですが。メンタルが鍛えられましたね。

――グループで全く雰囲気が違うんですね。

【松井珠理奈】 私は、「初めての兼任」の人なんです。初めてのことが多いんですよ。ずっと「AKB48を超える」という目標を掲げてSKE48でやってきたのに、その超えたいグループに自分が行く意味も分からなかった。「AKB48に行く」みたいに発表されて。メンバーが集まって「行かないで~!!」って言われました。そういう風に思ってもらえていることは自信になりましたし、胸をはって「SKE48ってすごい」って思ってもらうために、AKB48で輝こうと決めたんです。

SKE48松井珠理奈(C)エイベックス通信放送

――松井さんは唯一のSKE48一期生ですね。グループを引っ張っていかなきゃという思いがあったのでしょうか?

【松井珠理奈】 そうですね。今、一期生は私一人しかいないですし。10年ずっと「自分が頑張らなきゃ」って思っていました。でも、ここにいる2人とか“後輩だけど年上”っていうメンバーも多いので、裏では甘えたりしています。実は、今は自分が引っ張っていこうとはまったく思っていなくて。私は気負い過ぎずに盛り上げ隊に徹しようと思っています。

【大場美奈】 本当にずっと心配していて、ずっとギリギリやっていて。今それを聞いて、本当の意味で安心できるよ。

【高柳明音】 私たちもおじゅりちゃん(松井珠理奈)のことを「高いところにいる人だな」って思いすぎていた時期もあったかな。今まで先頭走ってくれていたけれど、10年経った今は真逆で、ただ笑顔でいてくれればいいんじゃないかなって。

【大場美奈】 誰か1人がめっちゃ頑張るんじゃなくて、全員でパスを回していく形になってきている。1番大切なところはやってもらう、そういう“連携プレー”ができるようになったね。

【松井珠理奈】 嫌なことは嫌だって言いますけどね。「みなるんこれヤダって言って!」とか(笑)

【高柳明音】 ずっと一緒にやってきているからこそ、やっと弱みを見せてくれるようになって、頼ってもらえるのはみんなすごくうれしいんだよ。

SKE48大場美奈(C)エイベックス通信放送

【大場美奈】 私たちも頼ってますけどね。私たちでダメだったときは「珠理奈さんこれやってください!!」ってね(笑)

今だから言える…メンバーの卒業、指原莉乃へのリスペクト

SKE48の松井珠理奈(C)エイベックス通信放送

――前回のAKB48選抜総選挙では松井さんが1位、大場さんは8位。2位の須田さんもテレビに引っ張りだこで、昨年はSKE48メンバー大躍進の年でした。そこに至るまでの10年間、今だから言えるつらかった時期はあったのでしょうか。

【松井珠理奈】 メンバーの卒業ですね。この世界に入った時は小6で、お姉ちゃんが増えたような気持ちでした。同期だと年上でもやっぱりライバルでもあるじゃないですか。そんな時に甘えられたのはAKB48のお姉さんたちでした。一番仲が良かったのは篠田麻里子さんだったんです。卒業の時は特別な長いドレスを着て、歩く時に思い入れのある人が持つんですが、その役を麻里子さんから指名されて。やっぱりさみしかったんですけれど、気が引き締まる思いでした。

――卒業といえば、先日はSKE48の松村香織さんが卒業発表されました。卒業メンバーへの本心は「やめないで」という想いもあるんじゃないですか?

SKE48の高柳明音(C)エイベックス通信放送

【高柳明音】さみしい気持ちはあるんですけれど、私も27歳になって、ここ3年くらいは他人事じゃないんですよ(笑)。そのことを思うと、「ここまでいてくれてありがとう」、につきますね。

【松井珠理奈】 かおたん(松村香織)は「結婚相手を見つけたい」って記者会見でも言っていましたよね。そういうことを言える新しいアイドル像を作ってくれたのは彼女。かおたんに続いて須田ちゃんや谷真理佳ちゃん、従来のアイドルらしくないところも見せられるメンバーも多く出てきました。その流れを作ったのはかおたんですね。その気持ちはちゃんと伝えたいな。

――指原莉乃さんも卒業を発表されました。48グループを引っ張ってきた指原さんへの想いはありますか?

SKE48の大場美奈(C)エイベックス通信放送

【大場美奈】 アイドルのプロデュース、HKT48の支配人もやっていて、すごい人ですけれど、指原さんの“地”は「アイドルとテレビが好きな女の子」。努力はもちろん必要ですが、誰でも指原さんになれるんじゃないかなって希望をくれる存在ですね。

【高柳明音】 指原さんがテレビに出ているとやっぱり面白いから見ちゃいます。

【松井珠理奈】 指原さんはHKT48に行って、自分のことよりもグループのことを考えるようになりましたよね。姉妹グル-プ同士だし、グループをひっぱる人として尊敬する部分もあって、私のつらさも分かってくれて。指原さんには通じるものがあって、私も自分のことよりSKE48のことを考えようと思いました。「もっと気楽にやっていいんだよ」ってアドバイスをもらったこともあって、それが今ようやくわかるようになってきた。私もこれから、悩んでいる後輩がいたら、指原さんみたいに声をかけてあげたいですね。

なんでもアリのアイドル戦国時代だからこそ、歌とダンスを頑張る姿を見てほしい

SKE48の高柳明音(左)、松井珠理奈(中)、大場美奈(右)(C)エイベックス通信放送

――10年、アイドル業界を生き抜いてきたみなさんですが、11年目の今年、そして今後はどういう躍進をしていきたいですか?

【大場美奈】アイドルって難しいなって思います。やればやるほど、謎も壁もどんどん増えていく。アイドルとして生き抜いていくコツなんてあれば、それはむしろ私たちが知りたいです(笑)。

【高柳明音】アイドルのやることも幅も広がって、今は個性が重視されるようになったからこそ、こうありなさいって言われなくなりました。昔は言葉遣いやステージでの立ち居振る舞いまで細かく教わったんですよ。でも、みんなが枠にはまっていくと、結局同じアイドルしか生まれなくて。その変化がすごすぎますよね。正解がなくなってきている。

【松井珠理奈】 だからこそ、SKE48は人が本気で頑張っていることを絶対笑わない。顔と髪型が崩れることを気にしない(笑)。始まる前はすごくきれいにしていても、パフォーマンスが始まるとぐっちゃぐちゃで、そのままライブを突っ走る。そんな頑張っているアイドルの姿をこれからも見てほしいですね。

この記事の画像一覧(全17枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る