水族館にもホワイトデーがやってきた!青森県営浅虫水族館で「ホワイトデー水槽」

2019年2月24日 12:46更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

青森県青森市の青森県営浅虫水族館で3月14日(木)まで、「ホワイトデー水槽」が催されている。

ルリスズメダイの鮮やかな色が水槽に彩りを添える
写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

約300種の魚類や海獣を飼育、展示する同水族館。水量700トンの屋内イルカプールではバンドウイルカとカマイルカのダイナミックなパフォーマンスが1年中楽しめるほか、アザラシやペンギンのお食事タイム、ヒトデやウニに触れるタッチプールも人気だ。

今回はホワイトデーにちなみ、白い色をした生き物たちを紹介。青みがかった美しい体の色が特徴的な海水魚で、日本では奄美大島以南に分布する「デバスズメダイ」などが鑑賞できる。館内はホワイトデー一色に演出されていてデートにもぴったり。

【写真を見る】可愛らしい魚たちが数多く飼育・展示されている写真は主催者提供

担当者は「ホワイトデーにちなんだ、白い『デバスズメダイ』や青い『ルリスズメダイ』を展示します。ホワイトデーの贈り物をイメージさせるような華やかなディスプレイの水槽は、記念撮影にもぴったり。ぜひ恋人同士やご友人同士、ご家族揃ってご覧ください」と来場を呼びかける。

ホワイトデー仕様のディスプレーに注目を。カップルや家族連れで訪れよう!

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る