新しい名産品になるか? 「小田原オリーブ」に注目!

2019年3月1日 18:51更新

横浜ウォーカー 横浜ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

みかん山からオリーブ山へ。小田原市が今、変化をし始めている。小田原市はみかん生産量で神奈川県1位。近年は温州みかんのほかに、中晩柑(ちゅうばんかん)やレモン、湘南ゴールドなどの栽培が進んでいるが、市内丘陵地では、シカやサル、イノシシなど有害鳥獣による農作被害が深刻に。また農家の高齢化も進み、新たな担い手も不足している。

小田原で収穫された「小田原オリーブ」の実。フルーティな香りが特徴

そこで、注目したのが「オリーブ」だ。鳥獣被害が少ないうえ、オイルやピクルスといった食品はもちろん、石鹸やクリームなど加工品の幅が広く、需要が高いことから、オリーブの木を育てる農家が増えているのだ。

山の上にある“マルシェ”で小田原オリーブ園のオリジナルグッズを

【写真を見る】一夜城ヨロイヅカファーム内にある「マルシェ」。地元で採れた野菜や加工品などを販売
(C)KADOKAWA 撮影= 島本絵梨佳

すべての画像を見る(6件)

小田原オリーブで作るアイテムを購入できる場所のひとつが、早川にある「一夜城ヨロイヅカファーム」のマルシェ。「小田原オリーブ園」で育ったオリーブの実や葉を使った、小田原生まれのオリーブのアイテムが並ぶ。

(左上)オリーブ茶(ティーバック7袋入り)500円、(左下)オリーブリーフせっけん1,200円、(右)湘南オリーブリーフティー250円(C)KADOKAWA 撮影= 島本絵梨佳

2019年2月現在、オリーブオイルは販売終了し、2019年11〜12月に販売予定。オリーブリーフせっけんは、オリーブパウダーが多く入っているため、洗い上がりがしっとりとした触り心地。

小田原駅そばの地下街、HaRuNe小田原にある「地産カフェ」でも、せっけんとティーバッグを販売。お茶はウーロン茶のようなさっぱりした味わいで評判が高い。

小田原オリーブの特徴を生産者の「小田原オリーブ園」加藤幸枝さんに聞くと、「青リンゴの香りとフルーティな味わい、そしてピリッとした辛味のある、おいしいオイルです」と話す。安心安全な素材で作る、「犬用肉球クリーム」850円や「DOG SOAP」350円も生産・販売している。

収穫体験などイベントも今後開催予定

オリーブの収穫体験イベント。2018年秋に開催され、多くの人が収穫を楽しんだ

また、オリーブに関するイベントもある。小田原オリーブ研究会・会長補佐、小野澤藤一さんが所有する圃場(ほじょう)で、オリーブの収穫体験が2018年秋に開催された。

海に面した斜面に、津波の避難場所を造ろうと思い、そこにオリーブの木を植えたのがそもそものきっかけ。小野澤藤一さんは今後、地元の人とともに、作付け面積を増やし、一大オリーブ山を作りたいと意気込む。「今は植える人を増やしたい。圃場での収穫イベントは2019年度も開催したいですね。地元の「橘商工会」でも、オリーブ収穫後はイベントを開催・販売する予定です」。また、オリーブの植えられた圃場には、ゆくゆくは水と電気をひいてキャンプ場にし、市民のいこいの場として、より過ごしやすくしたいと今後の夢を熱く語ってくれた。

「HaRuNe」小田原で開催された、オリーブの葉と枝を使ったリース作り体験イベントも行われた(2019年は開催未定)

2018年11月には、「HaRuNe小田原」で収穫されたオリーブの販売とともに、オリーブの葉でリース作りなどの体験イベントも開催された。

現在、市内に植樹されたオリーブの木は3品種2,054本(2018年3月現在)。現在取り扱う商品が品薄になっているが、今後は栽培の拡大や、栽培技術の研究、さらなる新商品の開発・販売などが期待される。オリーブは、提灯やかまぼこ、梅干しなどとともに小田原名物の逸品となるのか、今後の活動に注目したい。

オリーブ栽培をする小田原市の農家も増えている

【構成=濱口真由美、取材・文=石澤理香子、撮影=島本絵梨佳】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る