初夏のおでかけシーズン到来!九州で5月に開催される注目イベント8選

2019年5月1日 10:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

花イベントから歴史ある祭り、グルメフェスまで、5月は気になる催しがめじろ押し。いま行ける九州のイベントを一挙に紹介!

海の中道フラワーピクニック2019 / 開催中〜5月6日(祝)

【写真を見る】色とりどりの花々で鮮やかな花の絨毯が現れる / 海の中道フラワーピクニック2019

海の中道海浜公園の春の風物詩。11万本のカラフルなチューリップや、150万本のネモフィラによる広大な青い花畑など見どころ盛りだくさん。週末の動物ふれあい、クラフト体験などイベントも多数行われる。

[海の中道フラワーピクニック2019] 国営海の中道海浜公園 / 福岡県福岡市東区西戸崎18-25 / 092-603-1111(海の中道管理センター) / 9:30〜17:30(最終入園16:30) / 大人450円、中学生以下無料 ※イベントによって別途参加料が必要

有田陶器市 / 開催中~5月5日(祝)

人気窯元の作品や高級ブランドも大盤振る舞いされるとあり、毎年大盛況 / 有田陶器市

JR有田駅とJR上有田駅間の約3㎞の区間が歩行者天国になり、約450店が出店。有田焼はもちろん、全国の陶磁器がお値打ち価格で購入できるとあり、毎年県内外から100万人以上が訪れる。期間中は主要会場を巡るシャトルバスが運行するので利用しよう。

[有田陶器市]佐賀県西松浦郡有田町一帯 / 0955-42-4111 (有田商工会議所) / 8:00~16:00ごろ(朝市、夕市開催地区を除く)

波佐見陶器まつり/ 開催中~5月5日(祝)

通常価格より割安で購入できる。数あるアイテムのなかから掘り出し物をゲット! / 波佐見陶器まつり

町内の窯元・商社約150軒が出展。日常使いできるものからオシャレでモダンなものまで、多彩な器が勢ぞろい。本会場では波佐見焼を身近に感じられるようにと、無料の「ろくろ体験」や「鋳(い)込み体験」、抽選会など焼物に詳しくない人でも楽しめるイベントもある。

[波佐見陶器まつり] 本会場「やきもの公園」(長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷「陶芸の館」そば)、第2会場「波佐見・有田インター入口」 / 0956-85-2214 (波佐見陶器まつり協会) / 9:00~17:00

DEJIMA博2019 / 5月2日(祝)~6日(祝)

広々とした屋外に全国の人気グルメが所狭しと並ぶ「長崎水辺の森公園」 / DEJIMA博2019

「食」と「遊び」をテーマに開催。全国各地の人気店約70店舗が集結し、フードからスイーツまで各店が自慢の逸品を販売する。スペシャルゲストが登場するステージイベントや、いろいろな仕事を体験できる特設ブースなどお楽しみ要素も盛りだくさんだ。

[DEJIMA博2019]長崎水辺の森公園、三角広場、長崎県美術館 / 長崎市常磐町 / 095-820-3000(長崎国際テレビ) / 10:00~19:00 ※5/2(祝)は9:00~、3(祝)は~21:00、4(祝)は9:00~21:00

福岡市民の祭り 博多どんたく港まつり/ 5月3日(祝)、4日(祝)

大通りを歩行者天国にして行われる華やかで迫力のあるパレードは必見 / 福岡市民の祭り 博多どんたく港まつり

博多松囃子を起源とし、800年以上もの歴史を誇る福岡・博多の祭り。国内外から参加者が集う趣向をこらしたパレードやカラフルな花自動車など見どころがたっぷり。祭りのフィナーレを飾る「総おどり」は、誰でも飛び入り参加OK。ぜひ一緒に踊って楽しもう!

[福岡市民の祭り 博多どんたく港まつり]福岡市一円 / 092-441-1170 (福岡市民の祭り振興会)

第25回 門司海峡フェスタ/ 5月3日(祝)、4日(祝)

タイムスリップしたかのような迫力満点の武者行列はぜひ見ておきたい! / 第25回 門司海峡フェスタ

すべての画像を見る(8件)

門司港レトロ中央広場周辺で行われる、ゴールデンウィークの定番イベント。源平をイメージした甲冑武者行列やバナナの叩き売り、打ち上げ花火などが2日間にわたり行われる。門司港と関門海峡の文化と歴史を感じられる、ご当地グルメの屋台も出店。

[第25回 門司海峡フェスタ] 門司港レトロ地区一帯 / 北九州市門司区東港町 / 093-332-0106(門司港レトロ倶楽部) / 5/3(祝)13:00~17:00、4(祝)11:00~22:00 ※雨天決行・荒天中止

春の七色花祭り/ 開催中~5月26日(日)

新緑萌ゆる山々とカラフルな花畑が作り出す、春ならではの美しい景色を眺めよう / 春の七色花祭り

見ごろとなる花の品種・本数が最も多い季節に開催。8品種11色の花々によるパステル色の「春彩の畑」や、真っ青なネモフィラ畑など園内のいたる所が見ものに。9900平方メートルと園内で最も広い高原エリアに咲き誇る20万株の「リビングストンデージー」は感動的。

[春の七色花祭り]くじゅう花公園 / 大分県竹田市久住町久住4050 / 0974-76-1422 / 8:30~17:30(最終受付17:00) / 高校生以上1300円、5歳以上500円

2019吹上浜砂の祭典 Sand&Flower フェスタ in 南さつま / 5月1日(祝)~26日(日)

国内外の砂像彫刻家による、芸術性に優れた砂像群は息をのむほどの迫力 / 2019吹上浜砂の祭典 Sand&Flower フェスタ in 南さつま

日本で最も歴史の長い砂像イベント。「リトルモンスター~Change The World~」をテーマに、芸術的な砂像約100基がお目見えする。5月5日(祝)まではゴールデンステージと題し、ライティングと花火で盛り上げる「音と光のファンタジー」や、グルメコーナーなども開催。

[2019吹上浜砂の祭典 Sand&Flower フェスタ in 南さつま]砂丘の社きんぽう内 特設会場 / 鹿児島県南さつま市金峰町高橋 / 0993-53-2111 / 9:00~21:00、5/7(火)以降は~17:00 / 5/6(祝)休み / 高校生以上1000円、小中学生500円、5/7(火)以降は高校生以上500円、小中学生300円

この記事の画像一覧(全8枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る