約6000株のクリスマスローズ!宮城県・みちのく杜の湖畔公園「クリスマスローズまつり」

2019年3月21日 18:57更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

宮城県の国営みちのく杜の湖畔公園で、3月16日(土)から24日(日)まで「クリスマスローズまつり」が開催される。

クリスマスローズの丘は一面のクリスマスローズが咲く場所写真は主催者提供


国営みちのく杜の湖畔公園は南地区、北地区、里山地区の3つから成る、自然豊かな環境の中に様々な施設が揃った国営公園。南地区には、春はチューリップ、夏はマリーゴールドなど四季折々の花が咲き誇る彩のひろばや湖畔のひろば、バーベーキューができるいも煮会ひろばなどがある他、北地区ではオートキャンプやフリーテントサイト、風の草原ではノルディックウォーキングなどの各種遊具を無料で楽しめる。

今回の「クリスマスローズまつり」は、「クリスマスローズの丘」を中心に咲く約6000株のクリスマスローズや、スノードロップ、原種シクラメンなどの早春の草花を観賞できる。期間中は、クリスマスローズを中心とした早春の草花を販売するフラワーショップや、押し花を使ったワークショップなども開催。また、NHK「趣味の園芸」でおなじみの横山直樹氏によるトークイベントも実施される。

クリスマスローズ好きにはたまらない場所写真は主催者提供


担当者は「トークショーやワークショップなど楽しいイベントを開催致します。皆様のご来園を心よりお待ち申し上げております」と来園を呼びかける。

丘一面に咲くクリスマスローズを見ようと毎年多くの人が訪れる同園。さまざまな色、形、模様があるクリスマスローズを見に行こう!

ウォーカープラス編集部

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る