桐谷美玲&平野歩夢選手がユニクロお洒落コレクションに太鼓判!

2019年3月7日 19:55更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

3月7日(木)、都内にて、「UNIQLO and JW ANDERSON」2019年春夏コレクションの新商品発表会が開催。スペシャルゲストとして、女優・モデルの桐谷美玲、ユニクロ グローバルブランドアンバサダー・プロスノーボーダーの平野歩夢選手が登壇した。

「UNIQLO and JW ANDERSON」2019年春夏コレクションの新商品発表会が開催


2017年秋冬シーズンにスタートし、今回が3回目のコレクションとなる「UNIQLO and JW ANDERSON」。ユニクロは、このコラボについて「英国の伝統ある装いに注ぎ込まれたJonathan Anderson氏のウィットに富んだデザインと、ユニクロが追及する上質な素材・フィット・機能性が融合した“新しいLifeWearの提案”」だとアピールする。

今回のWOMEN'Sは、トレンドのボーダーをラッフルワンピースやタンクトップ、リネンスカーフなどさまざまなアイテムに使用し、マリンテイストを織り込んでいるのが特徴。さらに、ペイズリー柄のワンピースやブラウス、スカートなども展開する。

一方のMEN'Sは、単色とチェックのリバーシブルブルゾンや、色とりどりのストライプTシャツ、著名なラグビー選手だったAnderson氏の父に由来するラガーシャツなどを展開。ラガーシャツは遊び心のあるカラーパターンを用意している。

同日のイベントに登場した桐谷は、カラフルなラッフルのツーピースを着用し、平野はビッグサイズのラガーシャツを着用。桐谷は「(今日の衣装は)すごく着心地がよくて華やかな気分になる。ラッフルってすごくかわいくて、今年らしいですよね」と話し、平野も「ラガーシャツは普段あまり着用することがないので、またそれも楽しみながら。オーバーサイズでリラックスして着れるものが昔から使いやすいと思っているので、そういう意味では今日もリラックスできているのかなと思う」と、共に着心地の良さについて言及していた。

ツーピースとブラウスを重ね着したスタイル(右)


平井あゆみ

この記事の画像一覧(全9枚)

キーワード

ページ上部へ戻る