話題の伸びるマッシュポテト、アリゴを味わうなら京都・Brasserie Café ONZEへ

2019年3月13日 11:00更新

関西ウォーカー 関西ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

フランスの郷土料理を中心に、ワインに合う料理が豊富な人気店Brasserie Café ONZE 。2007年のオープン当初から定番メニューとしてラインナップするアリゴは、ジャガイモの種類やチーズとのベストな比率を考えぬいた自慢のひと皿。<※情報は関西ウォーカー(2019年2月26日発売号)より>

ビヨーンとのびるチーズが自家製ソーセージと相性抜群!

長く愛されるメニュー、自家製ソーセージとアリゴ(1500円)/Brasserie Café ONZE

すべての画像を見る(4件)

アツアツの状態で提供されるアリゴの上に、スパイスを効かせた自家製ソーセージが。なめらかなマッシュポテトとチーズを1対1の割合で混ぜトロトロに。

【写真を見る】季節のスープ オニオングラタンスープ(1000円)/Brasserie Café ONZE

チーズとオニオンスープが絶妙。

一人でも入りやすい雰囲気/Brasserie Café ONZE

阪急河原町駅や京阪祇園四条駅から近い便利な場所/Brasserie Café ONZE

ロースハムなど自家製のシャルキュトリーに定評がある。

「チョイ飲みやしっかり食事、カフェ使いも歓迎! 常時30種類以上そろうフランスワインもぜひ」(オーナーの山﨑智彦さん)

■Brasserie Café ONZE<住所:京都市下京区木屋町通四条下ル斎藤町125 電話:075-351-0733 時間:15:00~翌1:00 休み:なし 座席:50席 タバコ:喫煙可 駐車場:なし アクセス:阪急河原町駅より徒歩3分>

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る