子供だけでなく大人も楽しい!この春訪れたい熊本・鹿児島の動物園3選

2019年3月27日 17:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

芸達者なお調子者に、愛くるしいアイドル、初めて出合う珍種。個性派ぞろいの動物園は、いくつになっても楽しいもの。春はベビー&イベントラッシュ!愉快な仲間たちに会いに行こう!今回は、熊本県と鹿児島県のおすすめ動物園、3施設をピックアップ。

ツキノワグマの赤ちゃんに会いに行こう!「阿蘇カドリー・ドミニオン」

放し飼いにされた動物たちを身近に観察しながら、8つの触れ合いスペースを利用できる。コミカルな舞台からファンタスティックなイリュージョンまで、見応え十分の動物ショーもオススメだ。2月にはツキノワグマの赤ちゃんが誕生。3月末から公開予定なので、ぜひ会いに行こう!

阿蘇カドリー・ドミニオン / 「みやざわ劇場」に出演中!チンパンジーのプリンちゃん(3歳)のパパはおなじみのパンくん

【写真を見る】阿蘇カドリー・ドミニオン / トイプードルのみーちゃんとコンビを組んでいるニホンザルのカイくん(16歳)

阿蘇カドリー・ドミニオン / 宮沢 厚トレーナーと動物たちが登場する「みやざわ劇場」。カイくんとみーちゃんのコンビ、プーキーズも活躍!

阿蘇カドリー・ドミニオン / レストラン「森のくまさん」では、「高菜めしだご汁定食」(1000円)が好評

おなかがすいたら、レストラン「森のくまさん」へ。阿蘇の名物グルメの一つ「⾼菜めしだご汁定⾷」(1000円)が好評だ。

[阿蘇カドリー・ドミニオン]熊本県阿蘇市黒川2163 / 0967-34-2020 / 10:00〜16:30、3月中旬〜10月中旬は9:30〜17:00 / 12〜2月の火曜・水曜休み / 高校生以上2400円、小中学生1300円、3歳以上700円

震災を経て全面開園!「熊本市動植物園」

熊本地震発生から983日を経て、ついに全面開園。国内での飼育例が少ないキンシコウをはじめ、700頭の動物や5万点の植物を従来どおり見て回れる。観覧車などの遊具がそろった遊戯施設も復活!

熊本市動植物園 / 金色に輝く毛並みが美しいキンシコウ

熊本市動植物園 / 2018年3月にアドベンチャーワールド(和歌山県)からやってきたクロサイのクラッグ。巨体を揺らし歩く姿は大迫力

熊本市動植物園 / 無料レンタサイクルを活用しよう

動植物園南門では、自転車の無料貸出サービスを実施している。江津湖周辺のサイクリングロードを、景色を楽しみながら走るのもおすすめ。貸出しは9:00〜16:30。

[熊本市動植物園]熊本県熊本市東区健軍5-14-2 / 096-368-4416 / 9:00〜17:00(最終入園16:30) / 月曜休み(第4月曜の場合翌日) / 高校生以上300円、小中学生100円

可愛いコアラに癒されよう!「平川動物公園」

コアラが見られる九州唯一の動物園。シンリンオオカミ、ルリカケス、トキイロコンドルなど九州ではここでしか見られない動物も多数。園内には足湯があり、つかりながら動物や桜島を眺められる。

平川動物公園 / キリンのハート。体にあるハート型の模様が名前の由来

平川動物公園 / みんなをの~んびり待ってるよ

すべての画像を見る(10件)

平川動物公園 / 毎日11:00から行われる「コアラのお食事タイム」は、動くコアラが見られる貴重な時間

毎日11:00から行われる「コアラのお食事タイム」は、動くコアラが見られる貴重な時間。日中のほとんどを寝て過ごすコアラが目を覚まし、ユーカリの葉を食べる姿を見られる。

[平川動物公園]鹿児島県鹿児島市平川町5669-1 / 099-261-2326 / 9:00〜17:00(最終入園16:30) / 無休 / 大人500円、小中学生100円

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る