観客と作りあげる即興お笑いショー『THE EMPTY STAGE』大阪公演開催 ミキ・昴生ワンマントークに「じゃあ亜生呼べよ!」

2019年3月14日 15:31更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
『THE EMPTY STAGE』の大阪公演が開催!
すべての画像を見る(9件)

『即興』をテーマに新しいお笑いライブを目指す『THE EMPTY STAGE(ジ・エンプティ・ステージ)』。その大阪公演が3月11日(月)から17(日)の間、大阪城公園の劇場『COOL JAPAN PARK OSAKA』で行われる。初日の11日(月)には出演者のお笑いコンビミキの昴生、バッファロー吾郎・竹若、ギンナナ(菊池・金成)、高野祐衣、小寺真理が登場しマスコミ向けの会見を行い、今回のライブに向けての思いを口にした。

【写真を見る】会見に集まった出演者たち

2014年日本のお笑いシーンに新風を巻き込んだ『THE EMPTY STAGE』。『即興』をテーマに1人喋りを行う『One-Man Talk Show』とアメリカのコント集団『The Second City(セカンドシティ)』のメソッドを持ち込んだ即興コントの2部構成で行われる。どちらも台本なし、小道具なしの観客から投げかけられるお題のみでの勝負。芸人としての腕が試されることになる。

バッファロー吾郎・竹若は「お客さんにもどんどん参加してほしい」と呼びかける

ギンナナの2人は「その日その回の違いも楽しんでほしい」と語る

即興コントに出演する竹若、ギンナナ、高野祐衣、小寺真理。竹若は「お題によって我々が苦しむ姿を楽しみにしてもらいたいですし、自分の言ったお題がこんな形になるのかというところも楽しんでほしい」とどんどん観客に参加してほしいと語った。ギンナナの2人は今回大阪で1週間連続で公演を行うのは初であることを話し、「その日その回によって変わってくる内容を見比べてもらうのも面白いです」と呼びかけた。

高野祐衣は「アイドルより楽しい」と嬉々として話す

「語弊あるやろ」とのツッコミの嵐

小寺真理は新喜劇との違いが難しいと語る

高野は「『THE EMPTY STAGE』はアイドル活動より100倍楽しい」と嬉々として話し、「その言い方語弊あるやろ」というツッコミを受けることに。反対に小寺は新喜劇での経験を語り、「台本がある上にアドリブを仕掛ける新喜劇は師匠に『みんなの余韻を待てから入れ』と教えてもらったので、急なお題について行くのが難しい」と新喜劇との感触の違いを不安だという。

ミキ・昴生は「今日は亜生はNGで」

ミキ・昴生「話すことはありますよ!」

『One-Man Talk Show』に出演のミキの昴生は「以前出演させてもらった時にお客さんからのお題の大半が『亜生くんの好きなとことは?』『亜生くんとの楽しいエピソードは?』っていう亜生のことばっかりで、じゃあ亜生呼べよって思いましたよ」と今回のショーでは亜生のお題はNGにするとキッパリと宣言。「それだと時間いっぱい持ちますかね?」と周りからの心配の声に「ちゃんと話すことはありますよ!」と反応した。
桜井賢太郎

この記事の画像一覧(全9枚)

キーワード

ページ上部へ戻る