大河ドラマ「麒麟がくる」主人公・明智光秀の人物像をひも解く!岐阜で講演会が開催

2019年3月18日 19:05更新

東海ウォーカー 吉川明里

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2019年3月26日(水)、明智光秀についての講演会「明智光秀の歴史的位置」が岐阜県図書館(岐阜市宇佐)で開催される。

明智光秀といえば、2020年放送の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公。優れた手腕で斎藤道三や織田信長などの名将に仕えたとされ、本能寺で信長を討った謀反人としてもイメージが強いが、実は誕生年や場所については諸説あり、その前半生は謎に包まれている。

2020年放送の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀

すべての画像を見る(2件)

そんな明智光秀の謎と生涯について、講演会では「明智光秀 史料で読む戦国史」などを手掛ける福島克彦氏が解説。出席すれば、よりドラマが楽しめること間違いなしだ。

「明智光秀の歴史的位置」

「明智光秀の歴史的位置」開催日:2019年3月26日(火) ※予約は3月20日まで / 会場:岐阜県図書館 多目的ホール / 住所:岐阜市宇佐4-2-1 / 時間:14:00~15:00(受付開始は13:30) / 料金:無料 / 電話:052-855-2562

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る