広瀬すず「20歳が平成最後。自分らしく挑戦したい」、令和の抱負を語る

2019年4月10日 9:00更新

東京ウォーカー(全国版) 浅野祐介/ウォーカープラス編集長

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

イベントに登壇し、「自分らしさ」について語った広瀬すず
[撮影]藤巻祐介

すべての画像を見る(12件)

女優の広瀬すずさんがクロックス・ジャパンのグローバルキャンペーン新アンバサダーに就任し、4月9日、都内で開催された記者発表会に出席。トークショーでは、同ブランドのキャンペーンテーマである「自分らしく」にちなんだトークを展開。普段の生活から、感情をノートに書きだして自分と向き合い方なども明かし、インタビューでは「かまえず、挑戦をしたい」と令和の抱負も語った。

カスタマイズしたクロックスのシューズを披露する広瀬すずさん[撮影]藤巻祐介

「(この春、花見は?)お花見をする機会がなくって、仕事に行く道とかで、『あっ、桜だ!』『あっ、見えなくなった』みたいなことを何度もやっています(笑)」と、この春の花見について語った広瀬すずさんは、アンバサダーの意気込みを「日本で初めてというのが光栄ですし、有名なアーティストの方や役者さんと、キャンペーンとしてご一緒させていただいたことは、素直にうれしいです」表現。

さらに、クロックスの魅力について「ファッションでも、スポーツでも、いろいろな場面で履ける、考えるよりも『よし!』って履けるのが、性格的なところも含めてすごくうれしいです。オシャレなものがすごくたくさんあるので、合わせるのも楽しいなと思います」と続けた。

デザイン案を披露する広瀬すずさん。大きな「S」と「猫」のイラストが[撮影]藤巻祐介

広瀬すずの自分との向き合い方「感情をノートに書きだして、“らしさ”を取り戻しています」

さらにトークーショーでは次のようなやり取りも。

ーー自分らしさを取り戻す瞬間は?

「”集中”するのが好きで、集中して字を書くことが好きですね。(集中すると)わりと疲れることは疲れるんですけど、気分転換になるというか、その日あったこととか、そのときの気持ち、感情をノートに書き出して、それこそ何ページも書くんです。そうすると自分の気持ちも整理できるし、リセットされて頑張ろうって思います。ストレス発散にもなりますし。小学生の頃からやっています。集中すると、自分らしさというか…ぐちゃぐちゃになっていたものがリセットされる気がします」

ーー休みのときの過ごし方は?

「休憩時間はずっとジャンプとかしています。休みの日もジムに行って、帰ってきて台本を読んだりしています。体を動かすことと食べることが好きなので、休憩時間も食べてからジャンプしたりスクワットしたり、『走ります!』といって走らせてもらったり…いつも何かしら動いていて落ち着いてないかもしれないです(笑)」

ーージャンプのコツは?

「普通にジャンプしても、慣れてしまって疲れなくなっているので、ジャンプして上に跳んでいる間に足と手を広げています。動きが大きいので、人の迷惑になってると思います。周りに人がいないときにジャンプすることをおすすめします(笑)」

クロックス・ジャパンのグローバルキャンペーン新アンバサダーに就任した広瀬すずさん[撮影]藤巻祐介

『自分らしく』はずっと意識、「令和も挑戦続けたい」

イベント後、インタビューに応じる広瀬すず[撮影]藤巻祐介

トークショー終了後にインタビューを実施。広瀬すずさんに話を聞いた。

ーークロックスを履いて、今、出かけたいところは?

「地元の静岡に帰って、川とか、小学生のころに遊んでいたところを歩き回りたいですね。『わー!』って動き回るような遊びがしたいです。水風船もやりたいですね。クロックスなら大丈夫ですし。あとは、やっぱり景色の良いところがいいですよね。景色の良いところをクロックスを履いて散歩したりとか、たくさん歩ける場所がいいです」

ーー今年のGWは最大10連休、もし10連休だったらどこに出かけたいですか?

「おでかけしたいけれど、渋滞とか考えると……理想は温泉に行ったりしたいですね。海外も、お仕事でたまに行くと楽しいんですけど、英語がもっとしゃべれたらって思っちゃうので(苦笑)、今は国内でゆったりしたいですね」

ーー地元でおすすめのおでかけ先は?

「『ちびまる子ちゃん』の地元なので、まるちゃんのファンの方がいらっしゃれば、ぜひ足を運んでいただきたいです。地元のお店には『まるちゃんコーナー』もあったりします。地元の人はみんな、ちびまる子ちゃんが大好きです。グッズもなにかしら持っていますね。(静岡は)”ちびまる子ちゃんが当たり前にある場所”です」

ーー今回のテーマに紐付きますが、自分らしくいるために意識していることはありますか?

「考えすぎたり、かまえてこうしよう、ああしようというのはあまりないですね。かまえるとからぶるタイプなので(笑)、それこそ『自分らしく』がテーマだと思っています。自分らしく何事も楽しめて、何事も一生懸命にできたらいいなと思います」

イベント後、インタビューに応じる広瀬すず[撮影]藤巻祐介

ーー間もなく平成が終わりますが、平成のうちにやっておきたいことは?

「家中を掃除したいですね。いらないものを捨てたり整理整頓をしたいです」

ーー平成が終わることについては?

「平成生まれなので、年号が変わるということが初めてですし、ある意味、楽しみだなと思っています。新年号発表の瞬間、日本中のみんながその瞬間に注目しているってすごいなって感じました」

ーー令和の最初の印象はいかがでしたか?

「意外。誰かの名前みたいだなって思いました(笑)。そうなるんだって思って、新鮮ですね」

ーー令和、新しい時代の抱負を教えてください。

「20歳が平成最後で、またあらためて、今まで経験してなかったこととか、いろいろなことに挑戦してみたいなと思います。自分らしく、頑張ろうと思います」

この記事の画像一覧(全12枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る