砺波の春をチューリップが彩る!富山県砺波市で「チューリップフェア」開催

2019年4月14日 11:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

富山県砺波市にある砺波チューリップ公園をメインに、4月22日(月)から5月5日(日・祝)まで「2019となみチューリップフェア」が開催される。

チューリップの品種のひとつ「アクミナータ」写真は主催者提供


砺波チューリップ公園を中心に開かれる砺波の春の一大イベント。公園のシンボルであるチューリップタワーからは一面に咲き誇るチューリップの花々を見渡すことができ、例年人気を集める。また、会期前半と後半で彩りを変える「花の大谷」のほか、彩りガーデン、チューリップ四季彩館、オランダ風花壇など各所に見どころが満載だ。

会期中は吹奏楽コンサートやチューリップ踊りなどのイベント、産地ならではの花かご作り体験も楽しめる。

【写真を見る】「押し花のアート展」の様子写真は主催者提供


担当者は「今年の新しい見どころは富山県の代表品種『黄金町』で作る、高さ5メートルのチューリップツリー。それとビオラの里、みはらしの丘です。どうぞお楽しみに!みなさまのご来園を心よりお待ちしています」と、見どころとともに来場を心待ちにする。

春を感じる美しいチューリップが見られる「2019となみチューリップフェア」。本格的な春の訪れと、一足早い夏の気配を感じに行ってみよう!

ウォーカープラス編集部

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る