肩の力が抜けるような“アート”?石川県金沢市で「帰ってきた 駄美術百万石」開催

2019年4月24日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

石川県金沢市にある「しいのき迎賓館」で、4月27日(土)から5月6日(月)まで「『帰ってきた 駄美術百万石』 駄美術展覧会 in 金沢 PART2」が開催される。

数々の「駄美術」が展示される写真は主催者提供


2017年にしいのき迎賓館で開催し人気を博した「駄美術百万石」展を、展示スペースや作品数を拡大し、よりパワーアップして開催。見ている人の肩の力が抜けるような、思わずくすっと笑いを生むようなアート「駄美術」を一堂に展示する。

絵画や立体、写真など多彩なジャンルの作品がそろい、平成最後の笑い納めや、新元号「令和」での初笑いにぴったりの展示内容になっている。

展示されている「寝室は枯山水」写真は主催者提供


担当者は「『駄美術』とは、制作費や完成度にこだわらず、見る人誰もが楽しめる美術展です。お菓子に『駄菓子』があるように、美術にも『駄美術』があってもいいのでは、との発想から命名した、ジャンル不問の脱力エンターテインメントです!」と駄美術の名前の由来を説明する。

縁起が悪そうな「ぐれダルマ」写真は主催者提供


肩肘張らず、気軽に見て回れる「駄美術展覧会」。美術に興味がなくても楽しめる内容なので、ゴールデンウィークはしいのき迎賓館で「令和初笑い」しよう。

ウォーカープラス編集部

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る