GW限定!那須りんどう湖レイクビューでスーツ姿のアニマル園長がお出迎え

2019年5月1日 23:08更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

GW期間中の那須りんどう湖レイクビューが熱い。アルパカの「バニラ」かひつじの「ルル」が、1日アニマル園長として出迎えてくれるほか、施設のマスコットで、日本最大級のアヒル「ピンキーダック」の子供、「ピンク・P・ウッカ」が入園口に登場する。

「那須の恵みMekke!(めっけ)ブッフェ&マルシェ」では春メニューが味わえる


また、3月にスタートした「那須の恵みMekke!(めっけ)ブッフェ&マルシェ」の春期間メニューもそろそろ終盤に。さらに、人気のいちご「とちおとめ」を贅沢に使ったスイーツが並ぶブッフェ「いちごフェア」も同時に楽しめる。

全長6メートルのアヒル!?”リボンちゃん”をチェックしよう


お披露目となった「ピンク・P・ウッカ」、通称リボンちゃん


昨年、話題になった「ピンキーダック」は、奈良の大仏と同じぐらいの大きさの、日本最大級のアヒル。そのピンキーダックが冬の間ロシアに旅行して、現地のアヒル「マクシーム」と恋に落ちて誕生したのが「ピンク・P・ウッカ」、通称リボンちゃん。ぜひ、新しい仲間に会いに行こう。

【写真を見る】園長を務めるアルパカの「バニラ」と「ルル」


そして、ゴールデンウィーク期間中の朝9時から10時は、那須りんどう湖のオリジナルスーツに身を包んだアルパカの「バニラ」かひつじの「ルル」が、1日アニマル園長として出迎えてくれる。どちらに会えるかは当日行ってみてのお楽しみ!

春ならではの味に、栃木のブランド豚“ヤシオポーク”も


地元で採れたカキ菜やウドなどの天ぷら


「那須の恵みMekke!(めっけ)ブッフェ&マルシェ」の春メニューも要チェックだ。約60種類が並ぶブッフェでは、地元で採れた、カキ菜やウドの天ぷらなどが堪能できる。

真鯛の発酵バターソース


また、ふっくらとした身が絶品の、今が旬の真鯛は、那須りんどう湖レイクビュー自家製のジャージー発酵バターを使った豊潤なソースでリッチな味わいに。

ヤシオポークの桜チップスモーク


牛乳からチーズを作る時に出る“ホエー”を与えて飼育された母豚から生まれた豚“ヤシオポーク”にも注目してほしい。甘味とコクのある脂が特徴のヤシオポークに、香草を加えて富士の溶岩石グリルで香ばしく焼き上げ、桜チップのスモークした逸品をぜひ味わおう。

いちごフェアもラストスパート!新メニューには“スカイベリー”が登場


いちごフェアも開催中


旬の食材を使った料理を堪能したら、別腹タイム。いちご王国として知られる栃木ならではのブッフェを楽しもう。とちおとめを使ったバームクーヘンやケーキ、カップデザートなどがズラリ。

スカイベリーのデザートピザ


その中でも大注目はスカイベリーを使ったデザートピザ。スカイベリーはとちおとめに比べると果実が大きく、きれいな円すい形をしているのが特徴。甘味と酸味のバランスがよく、ジューシーな食感と独特の芳香から、高級いちごとして知られている。そんなスカイベリーを贅沢に使用したデザートピザは、至極のひと皿だ。

今の時期のりんどう湖レイクビューは楽しいことでいっぱい。ほかにも、湖上をワイヤーで滑走する「ジップライン~KAKKU~」や動物とのふれあいプログラムなどもあるので、家族や友達と一緒にでかけてみよう!

岡部礼子

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る