泡と光のインスタレーション!石川県金沢市で「名和晃平 Foam」開催中

2019年5月11日 12:45更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

石川県の金沢21世紀美術館で、8月25日(日)まで特別展示「名和晃平 Foam」が開催されている。

泡と光のインスタレーション作品「Foam」
「Foam」 installation view, “FUKAMI ‒une plongée dans lʼ esthétique japonaise” , Hôtel Salomon de Rothschild, Paris, France, 2018 soundscape: HARA Marihiko photo: OMOTE Nobutada | SANDWICH (C)NAWA Kohei / 写真は主催者提供

すべての画像を見る(2件)

現代美術家、名和晃平が手がける泡と光のインスタレーション作品「Foam」を展示。次々と終わりなく湧き出る小さな泡(セル)が次第に寄り集まり、泡の集合体(フォーム)として有機的な構造を自律的に形成してゆくさまが表現される。生成と消滅を繰り返す個々の泡は、代謝や循環を支える細胞の本質的な振る舞いと類似しており、観る者に生命の根源を連想させる。

【写真を見る】現代美術家・名和晃平photo: OMOTE Nobutada | SANDWICH / 写真は主催者提供

担当者は「本特別展示では、『あいちトリエンナーレ2013』で大きな反響を呼んだ作品『Foam』を最新バージョンで無料公開します。細胞が代謝や循環を繰り返すように、次々と生まれ消えていく泡。これらの泡が集まり、光を与えられ、生命体を思わせる巨大な物体が現れ、原摩利彦氏によるサウンドスケープとのコラボレーションにより見る者を圧倒します」と展示の特徴を話す。

泡と光のインスタレーション作品は必見!金沢21世紀美術館に名和晃平の「Foam」を見に行こう。

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る