桜田ひより、念願のランウェイに「緊張で、歩き始めが右足か左足かも覚えてないです(笑)」

2019年5月23日 15:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
念願の初参加となった「ガールズアワード」のランウェイに、桜田ひよりさんが登場


ファッション誌「Seventeen」の専属モデルとして活躍する桜田ひよりさんが、5月18日に千葉・幕張メッセにて開催された日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」に出演。

「ガールズアワード」への参加は今回が初めてで、出演することが目標だったという桜田ひよりさんに、ランウェイを歩いた感想や、春夏のファッションのことなど、お話を聞かせてもらった。

【画像を見る】レースのフリルが付いたガーリーな衣装で登場した桜田ひよりさん


――初めての「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」は、いかがでしたか。

【桜田ひより】すごく緊張しました。バックステージで待っている間は、「Seventeen」の同期のモデルさんたちとわいわい楽しくしていたんですけど、ステージに上がった途端、心臓の鼓動がすごくて…。歩き始めが右足からだったのか、左足からだったのかも覚えてないです(笑)。歩き終わった後も足が震えていて、こんなに緊張したのは久しぶりでした。でも、すごく楽しかったです!

「ステージに上がった途端、心臓の鼓動がすごくて(笑)」桜田ひよりさん


――ランウェイの印象は、いかがでしたか。

【桜田ひより】これまでは観客席から見ていて、「実際に歩いたら距離が長いのかな?」って思っていたんですけど、歩いてみたらあっという間だった気がします。ランウェイの上から見ると、光るペンライトとかもキレイで、私の名前が書いてあるパネルを観客席のなかに見つけて「あー!」ってうれしくなっていました。

「歩き終わった後も足が震えていて、でもすごく楽しかったです!」桜田ひよりさん


――今回の衣装について教えてください。

【桜田ひより】レースのフリルが付いた、ガーリーで女の子らしい衣装です。最近はフリル付きの開襟シャツとかが流行っているので、かわいいなと思いました。スカートはシルエットがタイト目で、広がっているよりも大人っぽく見えるのかな… 見えていればうれしいです。このヘアバンドは「Seventeen」の撮影でもかぶることが多くて、以前から〝かわいいな″と思っていたアイテムなので、今度プライベートでも買いに行こうと思います。

「今回の衣装、スカートはタイト目なので、大人っぽく見えればうれしいです」桜田ひよりさん


――個人的に注目している今年の春夏のファッションは?

【桜田ひより】白い服を集め始めました。買う時に、どうしても白い服に目が行くというか。小物やアクセサリーなんかも集めていて、白いアイテムが増えてきました。ほかには、ロングのスカートとか、スキニーパンツが多いです。普段は、スカートとパンツは半々くらいで、ワンピースはそんなに持っていません。

「春夏は、小物やアクセサリーを含めて、白いアイテムを集め始めました」桜田ひよりさん


――読者へのメッセージをお願いします。

【桜田ひより】今日は、すごく貴重な経験をさせていただきました。今年は、昨年撮影した映画などが次々と公開、放映されていく1年になるので、楽しみにしていてください!

撮影=槇野翔太 取材・文=千葉由知(ribelo visualworks)

ウォーカープラス/野木原晃一

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

ページ上部へ戻る