non-noモデル・多屋来夢「ランウェイからたくさんの笑顔が見えて、私もうれしい気持ちになりました」

2019年5月28日 16:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
「ガールズアワード」への出演は、今回が2回目となる多屋来夢さん


ファッション誌「non-no」の専属モデルとして活躍する多屋来夢さんが、5月18日に千葉・幕張メッセにて開催された日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」に出演。

【写真を見る】「ランウェイは、同世代で仲良しのnon-noモデルの山田愛奈さんと一緒に歩いたので、楽しく歩けました」多屋来夢さん


「ガールズアワード」への出演は、今回が2回目となる多屋来夢さんに、ランウェイを歩いた感想や、春夏のファッションのことなど、お話を聞かせてもらった。

「観客席にも笑顔がたくさん見えたので、私もうれしい気持ちになりました」多屋来夢さん


――「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」のランウェイはいかがでしたか。

【多屋来夢】前回、はじめて参加させていただいて、今回また呼んでいただけたことがすごくうれしかったです。ランウェイは、同世代で仲良しのnon-noモデルの山田愛奈さんと一緒に歩いたので、楽しく歩けました。会場から聞こえてくる歓声がとても楽しそうで、観客席にも笑顔がたくさん見えたので、私もうれしい気持ちになりました。

「ワンピースが好きで、こうしたコレクションでもワンピースばかり見てしまうんです(笑)」多屋来夢さん


――個人的に注目している今年の春夏のファッションは?

【多屋来夢】ワンピースが好きで、こうしたコレクションでもワンピースばかり見てしまうんです(笑)。いまは春夏ということで、爽やかなワンピースが気になりますね。色は水色とか白とか、お仕事でも明るい色を着させていただく機会が多いので注目しています。

「いまは春夏ということで、爽やかなワンピースが気になりますね」多屋来夢さん


――読者へのメッセージをお願いします。

【多屋来夢】今後のお仕事で、“こんな撮影がしたい!”というイメージが私のなかにあるんです。つくり込んだ世界観のなかに入ったような作品の撮影に参加できたらいいなと思っています。できあがったらぜひ皆さんに見ていただきたいので楽しみにしていてください!

「今後のお仕事で、“こんな撮影がしたい!”というイメージが私のなかにあります」多屋来夢さん


撮影=槇野翔太 取材・文=千葉由知(ribelo visualworks)

ウォーカープラス/野木原晃一

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

ページ上部へ戻る