初夏の太平山を彩る約2500株の紫陽花!「とちぎあじさいまつり」開催

2019年6月4日 15:39更新

東京ウォーカー(全国版) ウォーカープラス編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

6月14日(金)~30日(日)の期間、太平山県立自然公園のあじさい坂で「とちぎあじさいまつり」が開催されている。

太平山県立自然公園のあじさい坂

太平山県立自然公園のあじさい坂
写真は主催者提供

すべての画像を見る(3件)

太平山自然公園六角堂前から随神門に至る太平山神社表参道の約1,000段の石段両側に、西洋あじさいをはじめ、額あじさい、山あじさいなど、約2,500株が咲き誇る。これらのあじさいは、昭和49年(1974)にライオンズクラブが植樹したのが始まりで、見頃は6月下旬から7月上旬。石段はこの山で産出する石を使った「のづら積み」で、信徒の労力と寄進によるものだ。

【写真を見る】 あじさい坂駐車場の休憩所でお土産品販売

【写真を見る】 あじさい坂駐車場の休憩所でお土産品販売写真は主催者提供

あじさい坂駐車場の休憩所では、お土産品販売や、あじさい俳句コンクール作品などを展示。期間中の土日には各種催し物も開催予定。おみやげ品を500円以上購入すると、景品が当たる(総数485個)抽選会も実施するので忘れずに参加したい。美しいあじさいを鑑賞しに家族やカップルで「とちぎあじさいまつり」に出かけてみよう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る