いま行きたい!福岡の気になる“おいしい新店”をピックアップ

2019年7月4日 13:27更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡で今、話題のニューオープンの店をご紹介。2019年5月までにオープンした、カフェから居酒屋まで、気になるお店を要チェック!

片手でパクッと楽しめるテイクアウトおやつ「おやつSTAND IMADA082」


おやつSTAND IMADA082 / 「タピオカミルクティー」(486円)と「スティックチーズケーキ」(各270円)。ラムレーズン入りの「プレーン」やワインに合う「黒胡椒」など6種


ワンハンドで食べられるおやつの店「おやつSTAND IMADA082」が誕生。看板は手みやげにも最適なスティックチーズケーキと、生地・ルー共に手作りの揚げたてカレーパン(日曜限定)だ。ソフトクリームや、スムージー(486円)、今人気のタピオカドリンクなど多彩に並ぶ。福岡出身の女優・今田美桜さんのお母さんが手がける店としても話題。

【写真を見る】おやつSTAND IMADA082 / 濃厚な「ソフトクリーム」(410円〜)


おやつSTAND IMADA082 / 「カレーパン」(216円〜)。佐賀牛の牛スジ入りなど、4種ある


おやつSTAND IMADA082 / ガラス張りの小バコ店。イートインスペースもあり


[おやつSTAND IMADA082(ゼロハチニ)]福岡県福岡市中央区今泉1-7-6 / 092-707-1885 / 11:00〜18:00 ※売り切れ次第終了 / 不定休(Instagram「os.imada082」で告知)

“サクッホロッ”のスコーンを爽やかなドリンクと共に「Ruska Cafe and Scones」


Ruska Cafe and Scones / スコーンの「長崎抹茶」「アールグレイホワイトチョコ」(各378円)。「うきはの山茶の有機玄米茶」(432円)も香り高い


九州産小麦粉や「またいちの塩」などの地元の良質な素材で作る5種類のスコーン(324円〜)と、有機栽培のコーヒー豆や茶葉を用いたドリンクを味わえる「Ruska Cafe and Scones」。季節の移り変わりを感じられる旬の食材を織り込んだスコーンも用意し、メニューはすべてテイクアウト可能。ほどける食感と、ふんわり広がる香りをお楽しみあれ。

Ruska Cafe and Scones / 「カフェラテ」(561円)には、三苫「ポップコーヒーズ」のオーガニックのコーヒー豆を採用


Ruska Cafe and Scones / 爽やかな「八女の柚子ソーダ」(540円) 


Ruska Cafe and Scones / 特注デザインのテーブルやチェアを配するスタイリッシュな空間。店名はフィンランド語で「秋の紅葉」の意


[Ruska Cafe and Scones(ルスカ カフェ アンド スコーンズ)]福岡県福岡市中央区薬院3-12-22 美山ビル1F / 092-707-2755 / 12:00〜18:00(LO) / 水曜不定休(Instagram「ruska_fukuoka」で告知)

 

オリジナル料理がズラリ!ニュータイプの洋食居酒屋「FLOW」


FLOW / (奥)「鯖の炙りセビーチェスタイル」(950円)、(手前)「豚骨付きロースの炭火焼き」(300g 2862円)は、赤ワインや味噌、オランデーズのエスプーマを合わせたソースと一緒に 


パリの3つ星店などで研鑽した田熊一衛シェフ監修の店「FLOW」。和・洋・エスニックやモダンフレンチの技法を多彩に盛り込んだ料理がそろう。ランチは918円〜あり、夜はアイルランド産グラスフェッド牛(牧草牛)の炭火焼きなど珍しい肉料理も味わえる。食事の締めやカフェタイムには、新感覚スイーツ「フリュレ」をどうぞ。

FLOW / リンゴ形のチョコ内にマンゴーの果肉やクリームなどを詰めた「フリュレ」(864円)


FLOW / 炭火焼きの肉料理は、燻煙を閉じ込めた木箱で登場


FLOW / 開放感ある店内


[FLOW(フロー)]福岡県福岡市中央区今泉1-7-21 / 092-716-4556 / 11:30〜23:00(ランチLO13:30、夜フードLO22:00)、土曜・日曜14:00〜23:00(フードLO22:00) / 火曜休み

旬菜旬魚をとりどりに 四季を味わう広東料理「活海鮮と糸島野菜 広東料理 かたおか」


活海鮮と糸島野菜 広東料理 かたおか / 昼のコース(4860円)の一例。糸島野菜を使う6品の前菜や旬魚のセイロ蒸し、博多和牛の煮込みなど約9品が登場。


ホテル日航福岡の中国料理「鴻臚」にて、10年以上料理長を務めた片岡 徹さんが独立し、一品ずつゆったりと食す懐石中華の店「活海鮮と糸島野菜 広東料理 かたおか」を開店。「旬と鮮度が命」と、野菜は自ら糸島で買い付け、魚介類は柳橋連合市場や長崎・壱岐の漁師から直買いする。蒸し、炒め、煮込みなど広東料理の技術を駆使し、素材の持ち味を十二分に引き出す。

活海鮮と糸島野菜 広東料理 かたおか / 炙った生本マグロなど、その日仕入れた鮮魚を使う1品目


活海鮮と糸島野菜 広東料理 かたおか / 店主の片岡さんは、中国料理歴30年の実力派


活海鮮と糸島野菜 広東料理 かたおか / カウンター7席と個室2部屋を備える


[活海鮮と糸島野菜 広東料理 かたおか]福岡県福岡市中央区浄水通3-3 浄水フラッツ2F / 092-707-0290 / 11:30〜14:30、17:00〜22:00 / 月曜休み

九州ウォーカー編集部

この記事の画像一覧(全16枚)

キーワード

ページ上部へ戻る