博多屋台から関西へブームが進出!ヘルシーな「野菜巻き串」がジワジワ人気に

2019年6月28日 21:15更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

たっぷりの野菜を豚バラ肉でぐるぐると巻いた、博多の屋台名物「野菜巻き串」。鮮やかな見た目とヘルシーさで、博多の屋台で近年大ブームとなった串焼きは関西でもジワジワと人気を集め、今や専門店が続々と登場。なかでも人気なのが、チーズ工房併設のレストラン「good spoon」などを手がけるグループの新業態「ハライッパイ」だ。そのままでもよし、カツオ節をかけてアレンジするもよし。幅広く楽しめる野菜巻き串を存分に味わおう!<※情報は関西ウォーカー(2019年5月21日発売号)より>

豚バラ肉で巻いた野菜をたっぷりヘルシーに味わえると評判の屋台名物


豚キムチや焼きそばなどのユニークな野菜巻き串をそろえるほか、0.01mmに削った高級カツオ節のかけ放題というサービスも好評。野菜や豚肉の旨味が増し串焼きをよりおいしく味わえる。また、黒七味やダシ醤油、ポン酢もそろえられているので、カツオ節をかけるだけでなく、それぞれの串焼きに合うようアレンジも可。

左から豚キムチ(259円)、出汁まき明太(216円)、レタス(313円)。削りたてのふわふわカツオ節をトッピングできる/ハライッパイ


豚キムチ(259円)。辛旨の豚キムチをひと口サイズの串焼きで楽しめるという斬新さが好評。男女問わずにファンが多い。

出汁まき明太(216円)。ジューシーな豚バラとふっくらダシ巻きの意外なコラボ。トッピングの明太おろしであっさりと味わえる。

レタス(313円)。程よくシャキシャキ食感が残るたっぷりのレタスに、豚バラの旨味がジュワ〜ッと染み込んだひと串。

素材の食感を残した絶妙な焼き加減!/ハライッパイ


素材の食感や歯応えが感じられるよう、高温でサッと焼き上げる。計算された焼き加減で野菜もシャキシャキに。

高品質のカツオ節がなんとかけ放題!/ハライッパイ


「一本釣り本枯れ節」を専用の機械で削った厚さ0.01mmのふわふわカツオ節を用意。かけ放題なのもうれしい!

にらチーズ(216円)とろ〜りチーズがやみつきになる/ハライッパイ


【写真を見る】鴨肉を使った、大人な味わいの鴨ネギ(302円)/ハライッパイ


パクチー(302円)/ハライッパイ


「野菜巻き串はもちろん、どんなメニューにも合うカツオ節は万能!カツオ節が入る特製のマスもかわいいと女性客に評判ですよ」と看板娘の福地満帆さん、山崎菜津海さん。

カウンター席のほか、ゆったりできるボックス席も/ハライッパイ


木のぬくもりがあふれる店内は、ついつい長居してしまう心地よさ/ハライッパイ


キュートなロゴと深いブルーを基調にした店舗/ハライッパイ


店を構えるのは、中崎町の高架下の再開発エリア。落ち着いた雰囲気の店が並び、梅田からも徒歩圏内。

■ハライッパイ<住所:大阪市中崎西4-3-25 電話:06-6136-6212 時間:17:00〜24:00、金曜、祝前日17:00〜翌1:00、土日16:00〜24:00(各LOフード23:30、ドリンク24:00) 休み:なし 席数:70席 タバコ:電子タバコのみ喫煙可 駐車場:なし アクセス:地下鉄中崎町駅より徒歩3分、JR大阪駅、阪急梅田駅より徒歩8分>

編集部

この記事の画像一覧(全9枚)

キーワード

ページ上部へ戻る